ハーバード大学医学部が認めたカイロプラクティックの4つのポイント!
 ポイント1:カイロプラクターは医師など医療従事者と共同でケアすることが必要であり、今後のカイロプラクターの活躍の場が期待されています。
 ポイント2:カイロプラクターは身体のアライメントを正し、痛みを緩和し、身体の機能を上げ、身体が本来持つ癒す能力を助けます。
 ポイント3:カイロプラクティックは、「腰痛」「首の痛み」「頭痛」など様々な症状に対する効果が原文に記載されています。
 ポイント4:しっかりとした技術を習得すればますます活躍の舞台は広がります。
 
 カイロプラクティックとは、脊柱・骨盤を中心に治療し、人間の持つ自然治癒力を働かせて健康を回復させる療法で、肩こり・腰痛・神経痛・スポーツによる
 様々な慢性及び急性疾患に有効です。これからの高齢化社会においてもカイロプラクティックの果たす役割は大きくなって来ています。 Chiropractic care for pain relief

カイロプラクティックとは、ヘルスケアシステムのひとつであり、すべての身体構造、特に脊柱、その他の関節機能に影響を及ぼす。カイロプラクターは、身体のゆがみを矯正し、痛みを緩和するとともに身体機能を改善し、自然治癒力を高めることに努める。

カイロプラクティックは、脊椎操作(Spinal manipulation)を主として考えられていたが、現在では、手技治療、姿勢、運動療法指導、人間工学的指導(腰痛予防のための歩き方、座り方、立ち方)、栄養指導、そして、超音波やレーザー治療も行う。現在、カイロプラクターは、患者の痛みをケアする医師、疼痛専門医、外科医などと共同で施術することもある。

カイロプラクティックに関する研究は腰痛治療を検討するものが多いが、カイロプラクティック治療は、その他、筋骨格性疼痛や頭痛、喘息、手根管症候群や線維筋痛症などに対する治療効果を検討する研究も行われている。最近のレビューでは、カイロプラクティック施術の腰痛、偏頭痛、頚部痛やむち打ち症への効果を結論付けた。

脳卒中など施術による副作用も報告されているが、それは稀なケースであり、いくつかの研究では施術によるものでない可能性があると報告している。

“脊椎操作(Spinal manipulation)”とは一般的に脊柱の治療を示すが、正確には、二つの椎骨間の関節に素早い圧力をかけるものである。その際の矯正音は関節可動時の滑液内気泡の吸収或いは解放するものであり、関節可動を潤滑にする。椎骨操作は椎骨に対し直接あるいは間接的に施され、その独特な矯正音は一関節一回である。カイロプラクターは、一関節を矯正するために身体の位置に留意し、隣接する関節を固定しながら施術を行う。脊椎操作(Spinal manipulation)は、週に2〜3回程度、一回の治療で10〜20分間かかり、約2週間で症状の改善を検討する。

加えて、カイロプラクターは生体力学的、姿勢改善の指導や他の治療法、テクニックを勧めることがあるが、カイロプラクティックの最終目的は疼痛緩和に寄与し、患者の日常生活をより良いものにすることである。


ハーバード大学医学部 Harvard Health Publications
Trusted advice for a healthier life 2015より   

世界が認めるカイロプラクティックを国内でしっかり学べます!この機会に日本カイロプラクティックドクター専門学院で学んでみませんか!?