カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。
カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
学長挨拶当学院の特徴学院便り学院情報全国姉妹校紹介よくある質問アクセス
公式LINE@はこちら
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
学院イベントカレンダーを確認する
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道

学院便り

JCDCグループ 2005年9月卒業式挙行

2003年10月に入学したJCDC各校の学生も、2年とは本当に早いもので、2年間の勉学とインターン実習を完遂し、いよいよ卒業の日を迎えました。
卒業生にとって、思えばこの2年の間には様々なことがあったと思います。学院の授業は、それまでこの方面とは全く違う分野の勉強や仕事をしていたという人が大半だった為、なかなか理解が難しく初めのうちはかなり戸惑った人が多かったと思います。
しかしながら、いずれは開業する、ある人はスポーツの分野に進出する、ある人は女性がリラックスできるスペースを作りたいなど、それぞれが自分なりの目標を持っている人ばかりだったので、いつしか仲間意識のもとにテスト前には各自で問題を出し合ったり、練習したり、励まし合ったりしながら卒業の日を迎えました。
また、アメリカ研修やアメリカホリスティックセラピー研修などにも積極的に参加し、日本では経験することの出来ない人体解剖実習を経験したり、アメリカの多彩な文化に触れるなど、卒業後の進路に生かすべく貴重なキャリアを積んだ学生も数多くいました。
2年間は長いようで短いものでしたが、卒業生にとって、卒業は「終わり」を意味しません。むしろ、実践の場に出て行くこれからが、本当の意味での「始まり」と言えると思います。勉強は卒業した後も続くのです。
卒業を心から祝福すると共に、カイロプラクティック業界の今後に大きく貢献することを願ってやみません。
バックナンバー