カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。
カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
卒後就職・開業情報卒業生紹介開業収益分析よくある質問
公式LINE@はこちら
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
学院イベントカレンダーを確認する
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道

卒業生紹介

将来続けられる堅実な職業。独立して成功した先輩方がたくさんいます。

山崎

信頼の厚さが生むより大きな満足感がモチベーションに

山崎 磨智 院長
王子整体院 院長 / 湘南カイロプラクティックセンター

スポーツトレーナーとカイロプラクティックという仕事は、人の体を見る、管理するという点では互いに通じている部分があるのですが、実際やってみると満足感がぜんぜん違ったんです。スポーツトレーナーをしているときの自分は向上心を持ってトレーニングする人を手助けする、あくまでサポート役だったのですが、カイロプラクティックドクターになってからは一人ではどうすることもできないお客様に頼られる存在になりました。確かにスポーツトレーナーとしてトレーニング効果が現れて喜ばれることは嬉しかったのですが、施術をして痛みが和らいで喜ばれる今の仕事の方が感じる満足感の度合いが大きいんです。やはり、そこは相手から感じる信頼感の差かなと思うんですよ。「他ではどうにもならなかった痛みがここに来てから楽になりました」なんて言われると嬉しいですよね?
 もともとはスポーツトレーナーを極めたくて、始めたカイロプラクティック。ゆくゆくはスポーツトレーナーの仕事と両立させて、2つの喜びを感じられることができたらいいなと思っています。

高橋秀典

お客様の言葉と笑顔 この仕事を選んでよかった

高橋 秀典 副院長
ARS 新宿カイロプラクティックセンター 副院長

カイロは、人体の骨格の仕組みを理解したうえで、それを正しい位置に矯正する技術。お客様の悩みを根本から改善できそうだと思ったのが、カイロを学ぼうと思った一番の理由です。授業では、人体模型を使って臓器の働きを同級生の前でプレゼンするなど、楽しくも緊張感ある時間を過ごせたなと思います。今までの人生で一番勉強したと言える、あっという間の2年でした(笑)。
 スクール直営の施術院に就職して2年目。お客様が私を信頼して色々な悩みを相談してくれると、それに応えたいと強く思うように。うれしかったのは「次いつくればいい?」と聞いてくれたお客様の笑顔。施術を楽しみにしてくれているんだと実感でき、自信につながりました。また、最近では、ほぐしに加え、矯正も担当。さらにやる気が出てきましたね。

確実に独立開業できてうまくいく職種を探してカイロに決めた!

仲地 亮 先生
ボディリラクゼーション溝の口整体院 院長

大学卒業後、自動車販売会社に勤務。しかし、「自分で何かやりたかったから」3年で退社。確実に独立開業できる職種を探し、カイロプラクティックに決めたのです。2年間、スクールで学び、32歳で開業を果たしました。修了してすぐに開業しようと、早めに準備は始めていました。開業する場所は、リサーチをもとに慎重に選びました。開業前には充分な宣伝を行い、早めに予約を受け付けました。朝はお年寄り、昼は子ども連れの主婦、夜は会社帰りのOLで賑わいます。充分な準備が功を奏し、順調なスタートを切ることができました。

石井

人に喜ばれ 感謝される仕事がしたい

石井 秀幸 院長
新越谷カイロプラクティック院 院長

以前は大手小売業管理職をしていましたが将来を考えた時に人に感謝される仕事がしたい!自分の財産になる努力がしたい!と思うようになり色々と探した結果カイロプラクティックに出会い(健康・手技・接客・経営)と独立開業にいたるまでまさに理想の職業だと思いました。学院在学中始めは不安もありましたが各教科の講師陣も初心者の僕でも親切丁寧に指導頂けむしろ授業自体が楽しくなってきたぐらいでした。又、2年目の後半には教育実習のでき一環でインターン実習制度もあり、そこでは実際に開業されているOBの施術院での実践教育もできかなり自信が付きました。
 卒業後はカイロプラクティック院に就職し約2年間勤め晴れて独立開業する事が出来ました。これからもより多くの人の為になるよう地域医療をサポートしていきたいと思います。

佐藤

心と心が通い合う、コミュニケーションが喜びと活力をもたらす

佐藤 智子 院長
さとうカイロプラクティックオフィス 祖師谷 院長

現在は、学院附属カイロプラクティックセンターでの院長と日本カイロプラクティックドクター専門学院での講師という2つの顔を持っていますが、大きな魅力はいずれも生徒さんやお客様とコミュニケーションを取れること。学院附属カイロプラクティックセンターでは、調子の悪いお客様が辛そうな顔でやってきても、「背骨が圧迫されているから、足の痺れが出ているんですよ」などと詳しく説明してあげれば前向きになってくれるし、施術をすれば「楽になりました」「ありがとうございました」と帰り際には笑顔になっている。「どういたしまして」とは言いませんが、人と接することが好きな私にとっては、そういった”施術を通しての会話”も大切なところなんです。そういった意味では講師も同じ。授業を通して生徒と話すことはもちろん、休憩時間になれば生徒さんとプライベートのこともおしゃべりしますし、人と人との距離がすごく近く感じられる。よい意味で”友達感覚”でいられることがいいですね。普段は人見知りをしてしまう私ですが、好きな仕事を通すと自然と話せるようになるだけでなく、それが仕事への活力にも繋がっていくんです。

藤原

痛みを和らげる仕事に興味を持った

藤原 真伍 先生
ARS 新宿カイロプラクティックセンター

地元神奈川の高校でサッカー部に所属していたのですが、ある日、顧問の先生の知り合いの整体の先生が学校に来て、練習で痛めた先輩たちの体を施術するのを見たんです。それから人の体の痛みを和らげる整体やマッサージに興味を持つようになりました。興味はあってもどんな治療方法を学べばいいか迷っていた時に、たまたま学院のパンフレットを読んで、人間の自然治癒力を高める「カイロプラクティック療法」を知り、これだ!と思ったんです。
 しばらくは東京で働きながら勉強会などに出席して、ひとりでも多くのカイロドクターの施術方法を学んでいく予定です。そしていずれは地元に戻って、スポーツカイロプラクティックの治療ができるようになりたいと思います。

岡野

女性ドクターのニーズは高まっています

岡野 聖子 先生
高砂整体院

私はもともと人の健康をお手伝いしたい、という気持ちがあり、短大を卒業して1年くらいほかの仕事をしているうちに、それがだんだん大きくなっていきました。
 学院で学んだ2年間はとても充実していたと思います。解剖学や免疫学といった理論は、施術の現場にいる今、とても役に立っていますし、今勤めている整体院も、実は在学中のインターンでお世話になっていた所です。そのまま就職することになったのも、運命的だなぁと思っています。まだまだ男性のドクターが多い中で「男も女も関係ない」という方針にひかれたのですが、実際女性の需要は急上昇中。患者さんの約8割は女性ということもあって、女同士だからこそ分かり合えることが、施術の面でも大きな役割を負っています。心も体もケアできる、本当にやりがいのある仕事ですよ。

角田

頑張って実力をつければ、収入アップにも結びつきます。

角田 千鶴 先生
古河整体院

高校時代から人の身体をよくする手助けになるような仕事をしたいと思っていました。卒業して資格を取得後は、とにかく勉強と心がけ、そうした努力が実り、就職して初めてお客様の施術を担当した時、「気持ちよくなった」と喜んでもらえ、私自身はとても緊張していただけに、すごくうれしかったです。以後、小学生から90代の高齢者まで幅広いお客様の施術をし、「ありがとう」の言葉にやりがいを感じる日々です。指名してくれるお客様も増え、就職3年目に副院長に昇格しました。技術勝負の世界だから、指名のお客様が増えれば、収入も増えていきます。この先結婚・出産でブランクがあっても資格と経験があるので、いつでも職場復帰できると思います。カイロは施術者自身の身体の負担が少ない施術法です。いくつになっても続けていたいですね。