カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。
カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
学長挨拶当学院の特徴学院便り学院情報全国姉妹校紹介よくある質問アクセス
公式LINE@はこちら
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
学院イベントカレンダーを確認する
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
テクニックルーム

学院便り

Kale Seminar in Barcelona in June4,5&11,12

当学院講師 大陰 幸生D.C.が、去る6月初めにスペインのバルセロナで行われたKale(ケイル)セミナーに参加しました。そのレポートです。

今回日本からは私だけでしたが、スペイン、イタリア、ハンガリー、イギリス等から延べ30人ほどのD.C.が参加しました。Kaleと言っても聞いたことのない人が多いと思いますが、簡単に説明するとDr.B.J.Palmerが1935-51年の間に行っていた、独自のニーチェストテーブルを使用する上部頚椎のテクニックです。
初日はKaleの歴史と説明、X-ray(レントゲン)の撮り方と読み方、姿勢からのリスティング分析、ヒューストンコントロール(上部頚椎の重要性の説明)、Thermeter(頚椎の左右の温度差を計測する機械)の使用方法とグラフの読み方を行いました。
2日目の講義は、サウスキャロライナにあるBJ Kaleのオフィスの運営法やマネジメント、BJ Palmerの哲学等を中心に行われました。
3日目はいよいよ実技の講義です。Kaleのアジャストメントは独特の身体の使い方をします。参加者は皆汗だくになって同じ動きを繰り返し行いました。
最終日は前日に引き続きテクニックの練習を行い、その後に総試験を行い、最後に各自に修了証が授与され、全日程を終了しました。
カイロプラクティックは哲学、科学、芸術から成り立っています。先人が築いた哲学はアジャストメントを行う全てのカイロプラクターにとって必要不可欠なものと言えるでしょう。これからも多くのセミナーを受講して日々の練習と勉強を重ね、更なる哲学、科学、芸術の上達と理解を目指していきたいと思います。
バックナンバー