カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。
カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
学長挨拶当学院の特徴学院便り学院情報全国姉妹校紹介よくある質問アクセス
公式LINE@はこちら
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
学院イベントカレンダーを確認する
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
テクニックルーム

学院便り

2005年秋季アメリカ研修開催

毎年春と秋に行われている恒例のアメリカ研修(秋)が今年も行われました。2005年秋季は東京校・北海道校・仙台校・水戸校・横浜校・名古屋校・大阪校・福岡校など全国姉妹校から総勢73名が参加し、1班は11月7日〜17日、2班は11月15日〜25日にかけて行われました。
カイロプラクティックの本場であるアメリカで、日本では医師しか体験することの出来ない人体解剖を経験出来るとあって、今回も募集開始と同時にほぼ定員に達しました。
日本から空路約9時間の長旅を経て、到着後はサンフランシスコの市内観光を楽しみ、翌日は終日自由行動となり、3日目から本格的に解剖研修が始まりました。
人体を目の当たりにして、筋肉・骨格など体内の構造を立体的に見ることが出来、これはやはり机上の知識や教科書に書いてあることだけでは分からないだけに初日からどの学生も目の色が違ってきて、1日たりとも無駄にはすまいという雰囲気がひしひしと伝わってきました。
基本的には、全ての日程を終えた後サンフランシスコから帰ってくるのですが、ホノルルにある、学長 小倉D.C.の元同級生が開いているクリニックを見学するオプションもあり、一部の学生はホノルルを経由して帰国しました。
帰国した学生は、口々に「参加してよかった」と目を輝かせ、いまだに研修中に受けた強い印象が覚めやらない様子でした。
来年も、また春と秋に行われますが、多くの志の高い学生が集まることでしょう。
バックナンバー