アメリカ渡米のカイロライフ|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

アメリカ渡米のカイロライフ

img_160530_01

こんにちは。

アメリカに渡米して二年半、ライフに入学して二年弱になりました。

あっという間に14学期あるカリキュラムのうちの半分が終わり、今は8学期目になります。


カリキュラムの前半のクラス内容は、人体の解剖や機能、神経学についての授業、

栄養学、衛生学などの基礎科学の授業、触診やディバーシファイドやガンステッドなどの

テクニックの授業が主な内容でしたが、 後半のクラスは今まで学んだ知識や

患者さんとの問診から身体の状態を診断していくクラスや、 ビジネスなどの実践的な内容の授業になってきています。

img_160530_02

 

 

次の学期では学生クリニック1というクラスがあり、

クラスメイトとペアを組んでお互いが患者とドクターになりクリニックでのルール、

書類の書き方、問診から治療までの過程システムについて学んでいきます。

 

 

ペアのクラスメイトのインターンからカルテを引き継ぎ、

問診して主訴を確認し、 整形学検査、神経学検査などを

再度チェックしてレポートにまとめます。

レポートの内容は、マネジメントプラン、治療の目標、検査から見つけた症状などです。

 

img_160530_03

 

 

マネジメントプランではアジャストに使うテクニック、

症状改善のためのエクササイズやストレッチ、 治療プラン(頻度)などです。

検査から見つけた症状は、整形学検査だけではなく視診、

触診(スタティックとモーションパルペーション)、レントゲン、筋肉の張りなどもふくまれます。

 

実際のところ、一番大変なのは治療を行う以前のレポートを書くことらしいです。

数年前に比べたら、書類の数は減ったようですが特にインターン生になってしばらくは

レポートの書き方で、 DCの先生方からダメ出しをもらうようで書き方に慣れるまでは大変のようです。

 

学期の終わりにクリニックの筆記のテストがあり、その次の学期の第一週目に実技のテストがあります。

その二つに合格したら、クリニックで正式に自分の患者を持つことができます。

もちろんまだ学生でDCとは認められていないので、実際に矯正する時はDCの先生方に

監修してもらい カルテ、診断のチェック、それから矯正もみてもらいます。

初めは学校の生徒を学生用クリニックで治療していき、外来患者は、学生用クリニックで

ある一定数の治療を行ってから治療することができるそうです。

 

 

img_160530_04

 

ライフではカリキュラムを12学期生と14学期生で分けているのですが、

私の同期で12学期生はもうすでに学校内にあるクリニックでインターン生として

自分の患者さんを診ています。私の今のインターン生も同時期に入った12期生です。

 

今は、週に2回学生用クリニックで治療を受けていますが、

クリニックに行くと同期の友達が下級生たちに問診、触診、

アジャストなどを している姿を見ます。来学期には私も同じようにクリニックで

ドクターとして 対応できるかは不安ですが、ワクワクする気持ちももちろんあるので

たくさん新しいことを学んで、自分ができる治療を自分の患者さんに対して行っていきたいです。