カイロプラクティック教本-四肢編12-|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

カイロプラクティック教本-四肢編12-

◎ 足関節のモーション・パルペーションとマニピュレーション

■下肢帯の構造と機能

 

z23


1.指関節


 第2~5指は、基節骨、中節骨、未節骨を持ち、それぞれMP、PIP、DIP関節と称する。第1指は基節と未節のみであり、それぞれMP、IP関節と呼ぶ。

 第1指は地面を押さえ、第2~5指が土を握り締めるように機能する。

1)施節間(蝶番)関節(Interphalangeal joint)
 第1~5指の基節骨と中節骨および中節骨と未節骨から成り、各指節骨頭と遠位の指節骨底とで作る蝶番関節(屈曲、伸展)である、背側の指伸筋腱膜と底面の底側靭帯および側面の側副靭帯により補強されている。

2)中足指節(球)関節(Metatarsophalangeal joint)
 中足骨頭と各基節骨底とで作る球関節であり、背側の伸筋腱膜、側面の側副靭帯、底面の底側靭帯により補強されている。屈伸(前方への蹴り出し)に伴い、軽度に内、外転および内、外旋に働く。


2.中足部(図23)

 足部の関節は一般に指(足指)部、中足部、足根部に分けられる。とくに各中手骨頭が体重負荷に働いており、足部の障害との関係が深い。また、第1中手骨骨頭の内・外側のくぼみに種子骨を持ち体重の負荷を助けている。

1)足根中足(平面)関節(Tarsometatasal joint)
 足根骨の遠位の列と中足骨底間で作る平面関節である。ただし、内側楔状骨と第1中足骨間は独立した単関節であり、他の4つの関節は関節包を共有する複関節である。
 同関節は背側、底側の足根中足靭帯および骨間楔中足靭帯により補強され、横足弓を助け、かつ体重の負荷によりわずかに可動する。別名をIisfranc join(t リスフラン関節)という。

2)中足間(半)関節(Intermetatarsal joint)
 各中足骨底が互いに接触する面には中足間関節がある。関節包を足根中足関節と共有(複関節)する平面状の半関節であり、背側・底側の中足靭帯および骨間中足靭帯により補強されている。

 これらの関節は、足根中足関節と連動し、体重負荷に働くほか、蹴り出しを助ける。