カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。
カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
カイロプラクティック学校 TOP  整体・カイロプラクティックコラム
公式LINE@はこちら
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
学院イベントカレンダーを確認する
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道

整体・カイロプラクティックコラム

『腰痛』・・どのように患部を探していくのか?

『腰痛』・・どのように患部を探していくのか?というテーマで行われた勉強会の報告をしたいと思います。

ひとえに腰痛といっても様々な種類があります。
その中でも、多くを占める筋肉性の痛み、仙腸関節の痛みなどをあげ、それらはどのように鑑別していったらよいか、ということを話し合いました。

まず検査を始める前に、患者さんにご自身の状況を細かくうかがいます。
これは問診といわれるものですが、患者さんの細かい情報を知ることで、どこが原因の痛みなのか、だいたいの予想をすることができるとても大切なものです。

今回の参加者はまだ問診を行ったことのない学生さんたち中心だったので、もし自分が施術をする側だったら、施術前に患者さんからどんな情報を知りたいか?という題目を掲げ、意見を述べてもらいました。すると・・

@ 痛い場所
A なぜ痛めたのか? (原因)
B いつから痛いのか? 
C どういう姿勢で痛いのか?
D 仕事は何をしているのか?
E 治療をしたりレントゲンを撮ったことはあるか?

などがあがりました。
実際の問診においてこれらの質問が全てではありませんが、皆さんにあげてもらった@からEの項目は最も大切な情報の中の一つといえます。

健康に関する情報