治療院のための"労務管理"はじめの一歩 第9回 労務トラブルを防止する書面の取り方|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

治療院のための"労務管理"はじめの一歩 第9回 労務トラブルを防止する書面の取り方

たや社会保険労務士事務所

田谷智広

 

●はじめに


 従業員を雇うときには誰でも「いい人を雇いたい」と考えますが、なかなかその通りに行かないケースも少なくありません。

「面接では良かったのに、雇ってみたらとんでもない人だった」とか「遅刻や欠勤が多くて困る」など、「こんなはずではなかった」という経験をした経営者の話をよく聞きます。

そして、このような従業員を「辞めさせたい」という相談は結構多く寄せられますが、きちんとした理由やその証拠がなければ「不当解雇」などと言われて、トラブルに発展することもあります。


 このようなトラブルを避けるひとつの方法として、適時に書面をとることが重要です。

きちんと書面で残ったものは、治療院が適切に対応した証拠となり、トラブル防止・解決の強い味方となってくれます。
 今回は、そのような書面の取り方について紹介していきます。

 


次回に続く