カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
「健康管理士」公式サイト
テクニックルーム

健康コラム

骨盤の歪みは女性の大敵

 骨盤は背骨を支える土台となる重要な骨です。
その土台が狂えば背骨が狂い、その影響が全身へと波及していきます。

また骨盤は上半身と下半身をつなぐ動きの激しい部位ですから、全身の骨の中でも歪みやすい部位にあたります。
特に女性にとって骨盤の歪みは生理痛や便秘、冷え性といった女性特有の悩みを引き起こす原因になり、スタイルの良し悪しにも大いに関係してきます。
ですから女性にとって骨盤の歪みは大問題なのです。

 骨盤が歪むと、まずお尻が出っぱったり垂れたりヒップラインが崩れます。
そして骨盤に連動して股関節も歪み、O脚やX脚の原因にもなります。

また、骨盤が広がるとヒップが大きくなって太って見えたり、内臓が下に落ちて下腹がポッコリ出たりとスタイルを悪くします。
さらに下半身全体の血行が悪くなり、冷え性になったり、新陳代謝が低下して脂肪のつきやすい太りやすい体質になってしまいます。

 健康面でも、内臓下垂によって腸が圧迫されて便秘や下痢になったり、卵巣や子宮の位置がずれて生理痛や生理不順、不妊症など女性特有の症状を引き起こしたりします。

 ですから女性は骨盤を歪ませないように、普段から足を組んだり、片足だけに重心をかけたりして左右のバランスを崩さないよう、日々の生活の中でも気をつけていただきたいものです。





疲労が骨をズラし 病気を生む

 人の体は疲れやストレスをそのまま放置しておくと、筋肉が不自然な形に固まり、筋力が衰えてバランスを崩し、骨は確実にズレていきます。
その結果、頭痛や腰痛といった不調が起こり、時には内臓疾患やガンといった重病にまで進展してしまうことさえあります。

 私の治療院にこんな患者さんが来たことがあります。
 「胃が痛むので病院で薬をもらって飲んだのに治らない。だからバリウムを飲んでレントゲンを撮ったり、胃カメラでも診てもらったのに、どこも悪くないと言われたんです。でも、今も胃が痛いんです」

 実は、私たちカイロプロクターにとって、このような症状は別に珍しいことではありません。
こんな患者さんがみえたら、私たちは真っ先に背骨を調べます。
なぜかというと、カイロプラクティックでは、主に背骨の歪みが人を病気にすると考えられているからです。

 人間の背骨は7個の頚椎、12個の胸椎、5個の腰椎からできています。
それが頭と骨盤につながっているのです。
そしてその背骨の間には大切な神経が通っています。

 背骨が正しい形でつながっていれば、神経はなんら圧迫されることなく健康体です。
ところが、背骨が歪んだり曲がってしまうと背骨の間の神経が圧迫され、その神経とつながっている臓器や筋肉に多大なストレスがかかり正常に機能しなくなります。
また、背骨の歪みによって血液などの循環が滞れば、体の免疫力も低下します。

 カイロプラクティックは背骨を重視した療法であることから、腰痛や肩こりだけを治す療法のように思われがちですが、効果はそれだけではありません。
背骨の歪みがいろんな病気を引き起こす原因なのですから、背骨を矯正することでさまざまな症状を治すことができるのです。

 例えば、前述の胃の痛みで悩んでいる患者さんの場合で言えば、胸椎の5~9番が胃に関連する神経とつながっているため、そこを矯正することで胃の働きを正常に戻すことができます。
このように薬では治らなかった症状が、カイロ治療を受けただけであっさり治るケースは少なくありません。

 他にも、原因がわからない頭痛や肩こり、首の痛み、ムチウチ症、腰痛、座骨神経痛、冷え性、椎間板ヘルニア、さらには自律神経失調症、高血圧、喘息、アレルギー、更年期障害、便秘、生理痛など、西洋医学がどちらかというと苦手とする分野に絶大な効果を発揮するのがカイロプラクティックなのです。

photo5





労働時間 管理のコツ~労働時間把握の方法と具体的例~

労働時間把握の方法と具体的例

(1)タイムカード
 タイムカードは、機械が時刻を打ってくれるため、基本的にうそのない時刻が記録されます。
しかし、打ち忘れや代理打ちなどは、ひとつひとつチェックしていかなければなりません。

(2)出勤簿(自己申告制)
 手書きやパソコンでエクセルのシートに入力するような自己申告の出勤簿は、本人が時刻を記入するため、時刻の信頼性が低く、たいていはキリのいい事項を記入します。
また、まとめ書きが起こりやすく、記憶の曖昧さによる誤差も生じやすいです。


photo4

 図1はタイムカードの記載例です。

 ①は「残業申請有」というコメントを入れてあります。
このように、タイムカードに打刻されている時間まで労働時間として認めているのか、確認作業が日常
的に行われていること、いいといえます。

 ②はタイムカードにありがちな打刻忘れです。
この場合は手書きで追記して、理由を書き、上司が確認の押印をします。
こうすることで、本人と会社との間で誤解がないようにしておきます。

 ③は退勤時刻と終業時刻が異なるケースです。仕事は18時で終わっていたが、その後は自主的に残って勉強して、21時40分に帰りのタイムカードを押した場合を想定しています。
このまま放っておくと、21時40分まで労働していたと言われたときに反論が難しくなります。

例のようなコメントを書かせ、上司の確認印を押すことで、勉強時間は労働時間ではないことをはっきりさせておきましょう。(※自主的な勉強なので労働時間にカウントしません。強制参加の勉強会は労働時間になります。)

 図2は手書きの出勤簿の記載例です。
 この場合は、すべてが自己申告なので、できる限り毎日確認をすることが望ましいです。
 そのほかはタイムカードと同様に、必要に応じてコメントの記入と上司の確認印を押印するなどして、労働時間の認識を労使間で一致させておくことが重要です。


  おわりに

 労働時間の管理は、とても手間のかかる仕事です。
とにかく地道にやっていくしかないことです。そして、賃金計算はもとより、勤怠の状況や過重労働になっていないかという判断材料になったりと、さまざまな役割を持っています。
大変ですが、きちんと管理することで、いざトラブルになったときには経営側の強い味方となってくれるものでもあります。






労働時間 管理のコツ~労働時間管理とは何か?~

はじめに

 労務管理の中でも、労働時間管理は地味な存在ですが、その果たす役割は重要です。
また、きちんとやればやるほど、手間ひまのかかるものです。
今回は、労働時間の管理ができていないときのリスクと、管理をきちんとするためのポイントについて解説していきます。

 また、4月から労働基準法が改正されますので、今回は改正の内容についてはふれませんが、法改正により労働時間管理や残業代の支払いなどにいて、指導が強化されていくことは予想されます。



労働時間管理とは何か?

 労働時間管理で最も代表的な方法は、タイムカードでしょう。
出勤と退勤のときにガチャガチャと押す、あの方式です。

 今、「出勤と退勤に・・・」と言いましたが、タイムカードをいつ押すのか、そのタイミングは結構大事なことです。賃金の計算はこのタイムカードの時刻をもとに行われます。
しかし、タイムカードの時刻だけを信じて計算すると、「特に仕事はないが、早く来た」場合や、「仕事が終わって、同僚としゃべっていたら遅くなった」ような場合には、労働していない時間にも賃金を支払うことになってしまいます。

 「実際はタイムカード通りには払っていないよ」と言う場合もあるかもしれませんが、ここで重要なことは、タイムカードという客観的な記録が残ることです。
記録通りに賃金が支払われていない場合に、労使間でトラブルになって分が悪いのは治療院側です。
できる限り「労働時間」の記録を残し、その分の賃金を支払っておくことが重要です。

 また、一方で従業員がいつ来ていつ帰ったかという記録も、実は重要です。
 たとえば、仕事が終わったあと帰るまでの時間に開きがある場合、その従業員はいったい何をしていたのでしょうか。
 美容業界などではよくありますし、この業界でもあると思いますが、仕事が終わった後に技術習得のために練習をすることは珍しくありません。
そうすると、この時間は労働時間にあたるのかということは、よく問題になります。労働時間と判断されれば、賃金が発生することになります。

 これ以外にも、労働時間と在社時間に差がある場合には、その理由を明らかにしておくことが重要です。
これは、賃金だけの問題ではなく次のような理由もあります。

(1)理由無く残っていることを防止する。(規律性)
(2)実際は長時間の労働になっていないか把握する。(健康問題)


つづく





自然と生理的環境 >> 重力と無重力 3

 重力下で十分な刺激を受けながら活動することで、筋肉はどんどん成長していきます。
この時に活躍するのが、タンパク質同化作用を持つ性ホルモンのテストステロンや成長ホルモンです。
特に成長ホルモンは、眠りに入った数時間後に脳下垂体から大量に分泌され、また身体を動かした後にも分泌量が増えます。

運動を行っている最中にはほとんど分泌されませんが、終えた後に血液中に放出されます。
筋力トレーニングはもちろんのこと基本的運動要素である歩行ぐらいの負荷でも、筋肉量を増やす働きがあるのです。
つまり、規則正しい睡眠と運動は、筋肉の発達には欠かせないということがわかります。

 宇宙の無重力空間では十分な筋肉に対する刺激が入らず宇宙酔いもあいまって、この作用が低下します。
成長ホルモンやテストステロンなどの分泌が衰えると、コルチゾールのような、コラーゲンを壊すタンパク質異化作用をもつホルモンが活発に働き始めます。
筋肉を破壊する作用を強めてしまうのです。
地上でもこの様なことが起きていることが十分に考えられます。
日常生活のなかで自分自身の身体を知らず知らずのうちに壊していないでしょうか。

 筋肉の成長は20代がピークですが、その後の総筋肉量を左右する要因は2つあります。
20代までに蓄えた筋肉量と、その後の筋肉損失率です。
ピークを迎えた後、筋肉は年間に約0.5~1%ずつ失われていき、これは宇宙空間では一週間の損出率に相当します。

 生理現象として、皆、加齢からタンパク質を失う量は増えますが、身体を長期に動かさないことからくる骨粗鬆症、そしてストレスからくる鬱病なども、同じような筋肉の減少という現象がみられます。

 私たちが暮らす社会を見回してみるとコンピューターの発達にともない、人間の処理能力を超えるほどの情報化の波が押し寄せ、その裏側では人どおしの繋がりが希薄になりました。
モータリゼーションの発達は行動範囲を飛躍的に拡大させましたが、ストレスを抱え込んでも身体を動かして発散する場を狭めました。
便利になった社会はその反面、私たちから奪ったものも多いように思います。

 筋肉という視点から考えてみても、ヒトはもっと自分の足元を見つめなおす必要があるように思えてならない今日この頃です。