カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立22周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

助成金を 利用するために 3

  助成金の紹介

現在、治療院の特性を考えて受けられる助成金というのは多くありませんが、最後にいくつか可能性があるものについて、簡単に紹介しておきます。

特定求職者雇用開発奨励金

高年齢者(60歳以上65歳未満)、母子家庭の母、障害者等の就職が特に困難な者を、公共職業安定所等の紹介により雇入れた場合に事業主が支払った賃金の一部を1年(または1年6 ヶ月)間助成するものです。
たとえば高齢者の場合、1年で最大90万円の助成金が受けられます。

受給資格者創業

雇用保険の受給資格者自らが創業し、創業後1年以内に雇用保険の適用事業の事業主になった場合に、創業に要した費用の一部を助成するものです。
これから開業される方向けです。
支給上限額は150万円です。

トライアル雇用

就職が困難な特定の求職者層(中高年齢者〔45歳以上〕、若年者等〔40歳未満〕、母子家庭の母、障害者等)について、その適性や業務遂行可能性を見極めるために3 ヶ月間トライアルとして雇用する場合、1 ヶ月あたり4万円支給されます。
またトライアル終了後に正社員として継続雇用した場合には、さらに奨励金が受けられる可能性があります。

その他、助成金について知りたいことがございましたら、メールでお気軽にお問い合わせください。






助成金を 利用するために 2

  助成金を受けるための要件

助成金は、その目的に応じて支給要件は様々ですが、ある程度共通した要件があります。
次に主なものをいくつか紹介します。

①(個人・法人問わず)雇用保険に加入している事業主であること

これは上でも述べたとおり、財源が雇用保険料ですから当然と言えば当然のことです。
また、加入要件を満たす労働者をきちんと雇用保険に加入させていることも重要です。
以下のどちらにも該当する労働者は雇用保険に加入させなければなりません。

(1)週の所定労働時間が20時間以上
(2)31日以上雇用されることが明らかであること②会社都合の退職者を出していないこと


②会社都合の退職者を出していないこと
会社都合の退職とは、解雇(会社から一方的に契約を打ち切る)や退職勧奨(会社から退職を働きかけ
て、従業員がそれに合意して退職すること)などです。

一般的に助成金は従業員の雇用維持・適正な雇用を目的に支給されるため、従業員をクビにするような事業所には助成金は支給されません。
ただし、一部の助成金では会社都合退職者を出しても受けられるものもあります。


③労働保険料を滞納していないこと
これも①と同じような理由ですが、財源となる保険料を滞納している場合は、助成金の申請が受けられません。


④帳簿の整備ができていること
助成金申請には、さまざまな帳簿を添付書類として要求されるケースがあります。たとえば次にあげるようなものがあります。
• 雇用契約書
• 出勤簿
• 賃金台帳
• 就業規則等の規程関係
• 会計帳簿(現金出納帳、預金元帳、勘定元帳など)

これらの帳簿類を日頃からきちんと整備しておくことが、助成金申請を成功させる秘訣と言えます。
特に、雇用契約書で契約された賃金が、出勤簿で把握できる時間数に応じて割り増し賃金も含めて賃金台帳できちんと支払われているか、会計帳簿上も整合性がとれるか、その関係がきちんとしていることは不可欠です。助成金の種類によっては、さらに振り込みの記録まで確認する場合もあります。


⑤その他
そのほかには、「ハローワークからの求人で採用したこと」や年齢、事業の種類に特化したものなど、助成金の種類によってそれぞれ要件があります。
特に、申請できる時期が限定されていることが多く、期限を過ぎると一切受け付けてもらえません。
申請のタイミングには注意が必要です。


つづく





助成金を 利用するために 1

  はじめに

経営をする上で、資金繰りというのはどの経営者にとっても関心の高いことだと思います。
我々社会保険労務士は、この問題について助成金という切り口でお手伝いすることができます。

助成金を受けるためには、一定の条件をクリアすることや申請のタイミング、書類がきちんとそろうかといった、様々なハードルがあります。
今回は、助成金の申請をするために必要な準備に関してのことを中心に紹介していきます。


  助成金は雇用保険事業として行われている

助成金にも様々な種類がありますが、ここで取り扱う助成金は雇用保険事業として行われるものを説明していきます。

雇用保険料は事業主と加入する従業員でそれぞれ負担していますが、事業主の方が少し多く保険料を支払っています。
この少し多く払っている保険料が助成金などの財源となっています。

従って、この助成金を受ける要件として「雇用保険に加入している事業所」であることが絶対条件となります。(「今後加入すること」でもいい場合もあります。)

助成金には、雇用保険事業以外にも市区町村などの地方自治体が主体のものもあり、その場合は必ずしも雇用保険に加入している必要はないかもしれませんが、一般的には法令遵守している事業所への助成をするようになっていますので、労働者を雇っている(雇う)事業所で、雇用保険に加入していない場合は対象外となる可能性があります。

また、助成金は融資とは違いますので、一度もらったら返す必要はありません(ただし、不正受給等の場合には、返還を求められます)。


  助成金の情報
助成金に関する情報は、ハローワークや労働局のホームページで調べることができます。
ほとんどの情報はここから知ることができますが、あまりわかりやすいとは言えません。

また、地域によって特別に行われる場合もあるので、インターネットなどで概要を調べて、詳細は最寄りのハローワークや社会保険労務士へご相談いただく方がいいでしょう。


つづく





自然と生理的環境 >> 癌とは何か 3

 マサチューセッツ工科大学ロバート・ワインバーグ教授は、1982年に初めてがん遺伝子を発見しました。
毎日数千億個以上の細胞がコピーを繰り返していますので、2000や3000個の細胞のコピーミスは普通にあることです。
生きていること自体が癌を生んでいるのです。

 ワインバーグ教授は、細胞の中の遺伝子の一つRASに着目しました。
細胞の中では、人の脳で理解しきれないほどの遺伝子が、パスウェー(信号経路)によって情報のやり取りをしています。

RASはその中の一つで、細胞を分裂させ細胞を増やす役目を担っています。
しかしこのRASに異常をきたすと細胞を増やす命令だけが暴走してしまいます。すると細胞が成熟して活動、そして役目を終えると死滅するというプロセスが行われず、成熟出来ない、つまり正常に働けない細胞をどんどん分裂させて増やしてし
まうことになります。

これががん遺伝子RASの暴走です。
ある標本に、宿主が死んでからも50年間衰えもせずさかんに分裂しつづけている癌細胞があります。
まさにRASが暴走したパスウェーの異常信号です。

 現在の最先端の抗がん剤の分子標的薬は、この異常パスウェーの入り口を塞ぎ暴走を止めようというものですが、遺伝子異常は一人一人違うのでなかなか的を得られない、うまくはまったとしてもRASそのものが自らを変化させて、パスウェーの途中から異常信号を出したり、まったく違う経路でがん遺伝子が働きだしたりするので、そうなるとこの抗がん剤も何の意味もな
くなってしまいます。

この働きが、癌が化学物質(抗癌剤など)に耐性を持ち自らを進化させている状態であり、癌細胞が旺盛に増え続ける
原因の一つです。

 ジョーンズ・ホプキンス大学のグレック・セメンザ教授は、癌の浸潤に関する遺伝子を発見しました。
HIF-1遺伝子です。癌は自ら血管を増やしながら分裂増殖していきます。
しかしそのとき中心部は徐々に低酸素な状態になっていきます。

癌細胞が大きくなればなるほど中心部分は低酸素になっていきます。
この低酸素領域で生き抜く能力や、そしてそこから移動して新しい癌細胞のドームを形成するための能力を与えているのが、HIF-1遺伝子の働きなのです。
実はこれが浸潤をバックアップしています。

 ではこのHIF-1は異常遺伝子なのか?
 母体の中の初期胎児は、胎盤が不完全で血管が少なく血流が不足し低酸素の状態で分裂していかなければなりません。
また胚が成長するにつれ、分裂した細胞が器官を形成するために、細胞が移動してそれぞれのグループに塊を作っていきます。

 まさにこの低酸素状態のときに細胞の増殖、移動に大いに働くのが、HIF-1遺伝子です。
 つまり元々備わった種を保存するためには絶対必要な遺伝子だったのです。

 三億年前の恐竜の化石に癌細胞が発見されているという事実もあります。
つまりHIF-1遺伝子は、生物が発生する過程でとくに初期段階で、無くてはならないものなのです。
それが皮肉なことに癌細胞の増殖、浸潤にかなり強く関与しています。



 ここまででわかることは、RAS遺伝子も、HIF-1遺伝子も、私たちの身体には必要不可欠なものであり、その存在は常に癌とは隣り合わせで、表裏一体の関係です。
それを踏まえて視点を変えて考えてみると、なぜ昔より今現在の方が、癌の発生率も死亡率も多くなっているのでしょう。

 例えば、現代の慌ただしい社会の中で、食事が不規則かつ日本人には不適切な高脂肪で高カロリー、睡眠不足、運動不足、養生を忘れてすぐ薬(化学物質)に頼る、これだけではなく全ての生活環境が強く影響して、一番大切な自己免疫の働きを忘れているように思えてなりません。

人類は何かこの得体も知れない癌という化け物に対して、何か戦い方が間違っているのではないかと感じています。


 次回は、癌と免疫細胞との不思議な関係や、新しい抗癌剤として注目されている、ある身近な物質に注目して考察していきたいと思います。


photo9





自然と生理的環境 >> 癌とは何か 2

 菌類や小さな虫から人類に至るまで、DNAはすべての生物に共通の遺伝物質で、生物がどのようなたんぱく質をいつ、どれだけ作るのかを決めています。

DNAは非常に重要な物質なので容易には変化しない、例えば、犬は生まれた時から犬であって、途中から猫になったりはしません。
だから遺伝子は不変と思いがちですが、それは違います。

生物史的に100年や1000年という比較的短い時間では変化は起こらない。
しかし、何万年という長い時間を経過するとDNAは十分に変化を起こします。

現に、非常に長い時間をかけて遺伝子が変異を繰り返して、我々人も進化してきたのですから。
しかし一日という短い時間の中でも、細胞分裂を繰り返しながら絶えず変化をしています。
その変化にも、内因的なものと外因的なものがあります。


 まず内因的なものは、細胞が分裂して新しい細胞が生まれます。
この時にDNAが非常に高い精度でコピーされます。
しかし100%完璧ではなく、ほんのわずかですが、コピーミスが起きます。

このエラーが素早く修復されれば、新しい細胞のDNAにエラーは伝わらずに分裂が繰り返されますが、修復されずに、エラーがそのまま変異として新しい細胞に伝わることもあるのです。
これは自然に起こる変異なので、自然突然変異といいます。

 対して外因的なものは、DNAに働く物理的あるいは化学的要因のこと言います。
物理的刺激は、紫外線、X線、放射線、薬物などで、DNAにぶつかってダメージを与えます。

化学的刺激は、外部からやってくる有害物質のことで、例えば、石油や石炭などの化石燃料が不完全燃焼する時に発生する物質ベンツピレンがあります。こ
れはそのままでは有害ではないですが、体内にある酵素と反応することによって毒性の強い物質に変化します。
カビによって生産される物質アフラトキシンなどはDNA、RNA、たんぱく質と反応して強い毒性を発揮します。

 これらの変異が遺伝子に起きる時、ある特定の変異が組み合わさることで、新しい遺伝子ができます。
もしこの新しい遺伝子が、生物が生きるのに有利に働くのならば、その生物はその遺伝子を子孫に伝えることにより、新しい生物を生み出す、つまり進化が起きるわけです。

生物の進化は、遺伝子が変異することによって獲得してきた長所です。
しかし長所ばかりではなく、その短所とはまさに癌細胞発生そのものです。


つづく