論文紹介:慢性頚部痛・上背部痛患者における脳血流 2|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

論文紹介:慢性頚部痛・上背部痛患者における脳血流 2

背 景

   頸部痛は、一般的に、また筋骨格系疾患臨床において、腰痛に次いで多くみられる症状であり、その慢性化への移行率は高く、日常のQOL低下に起因するものである。

   頚部痛患者への対処及び病理的要因の解明は困難である。
Neck Disability Index (NDI)は1991年に掲載され、頚部痛、特にむち打ち関連症状 (Whiplash AssociatedDisorder: WAD) 患者の重症度の分類と予後評価に有用であるといわれている。
しかし、NDIスコアの身体的、組織的相関関係は注視されていない。

   組織的相関を評価するための方法として、SPECTや他の神経画像による脳活動評価などがある。
Otteらの最初の脳画像研究ではむち打ち症患者の頭頂-後頭皮質潅流低下が報告され、その他いくつかのWAD患者及びnon-WAD患者における脳画像研究が報告されている。

WAD患者を対象とした研究ではいずれも潅流低下が報告されているが、non-WAD患者における研究では潅流低下を示したもの、示さなかったもの両方の報告がなされている。

また、LinnmanらのPET研究(WAD)ではNDIスコアと画像解析結果との間に強い相関が報告されている。

   我々は、NDIスコアによる患者の分類と大脳皮質潅流異常との関連および頚椎・上部胸椎関節機能不全とSPECTあるいは/及びNDIスコアとの関連を仮説に本研究を実施した。


方 法

Study Design
   ・横断的(cross-sectional)相関デザインを使用した。
   ・Russian Governmental Medical University 倫理委員会承認の下実施された。
   ・実験前患者の承諾を得て実施した。

Subjects
   ・Moscow Manual Therapy Centerに来院した慢性 頚部痛・上背部痛患者45人(平均40±10.9歳;男 16人、女29人)(2006年2月~2010年2月)
   ・除外:むち打ち症(current)、動脈硬化症、高血圧症、偏頭痛、糖尿病、鬱病、頭部外傷、発作既往歴、脊椎手術歴、喫煙、薬剤摂取、腰痛
   ・問診により性別、年齢を記録

Measures
   1.NDI:10項目、各項目スコア;0̃5、トータルスコア;50
       2.一人の検者による頚椎、上部胸椎部(肋椎関節を含む)触診→“segmental dysfunction”部位検出
     3.触診時の圧痛レベル(上記検出部位)をVisual Analogue Scale (VAS:0~10)を用いて記録
    2、3を5分間のインターバルで2回行い平均値を記録
   4.SPECT撮像
    検査:上記検査の1~3日後に実施
    15分間休息後、Technetium-99m
    hexamethylpropyleneamineoxime(HMPAO)
    7.5MBq/kgを投与
    20分~40分後撮像
    使用機材:double-head gamma camera system
      Philips Forte
    画像データ:128×128 pixel matrix,
          64 projections 30~ 40 sec./view,
       50,000~70,000 impulses/view
    Technology Jet Streamによりディテクターを患者の頭部により近付けることが可能になった。

   5.画像解析
    生データ→ Butterworth filter →画像再構成
    (Hanning filters, Chang’s method: 8mm widths
 3軸方向の補正)
   6.画像比較
    2人の放射線科医師により評価-visual color scale
 (VCS)による前頭葉、側頭葉、頭頂葉、後頭葉の比較
    1ステップ5% (0̃100%) (Fig.1左端20色下:青→
 上:茶、赤、白:100%) - 10%以上の差異を記録 
 (normal;Fig1との比較)
    Region of interest (ROI)による解析
Data Analysis
   ・全脳、局所脳のSPECTスコアと3グループsegmen
 tal dysfunctionスコアの分散分析(P<.05)
   ・Student t test (pair-wise)の使用
   ・segmental dysfunctionスコア、VASスコア、NDI
 と総SPECTスコア(局所潅流低下率)との間、および年齢、罹患期間における相関解析-Pearsonの相関係数を用いた一側変量(univariate)相関解析(P<.05)
   ・多変量解析(P<.05)の実施


つづく