労働基準監督署の調査 1|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

労働基準監督署の調査 1

  はじめに

みなさんの治療院に労働基準監督署の調査が入ったことはありますでしょうか?
できれば調査なんて来て欲しくはありませんが、監督署の調査は常時行われていて、いつかは治療院にもやってくるかもしれません。

そんなときに慌てないために、今回は監督署の調査について概要を説明していきます。


  労働基準監督署は労働の警察

労働基準監督署は、労働基準法と労働安全衛生法を取り締まる役所です。
労働の警察と考えてもらえればわかりやすいと思います。

実際、監督官は逮捕する権限も持っていて、実例は少ないですが悪質な違反を繰り返した経営者が逮捕されたこともあります。


  調査では何を調べるのか

 そういうわけで、監督署の調査は職場で労働基準法などの法律に違反をしている所がないか調べに来ます。
 主に、次頁の表のようなことについて調べます。


  調査に来たときの対応
 調査があるときは、事前に通知が来ることが多いです。
「いついつに調査のために会社に行きます」あるいは「いついつに資料をもって来署してください」というものです。
また、突然事業所に来る場合もありますので油断はできません。

 事前に通知があった場合には、どのような資料を準備して欲しいか、書面に書いてありますので、調査日までに準備することになります。

通知された調査日に都合が悪い場合や、資料の準備に時間がかかる場合などは、連絡して日程を変えてもらうことができます。

 一般的には、直近3 ヶ月分のタイムカードと賃金台帳、労働者名簿、就業規則、協定書、健康診断の結果などを用意することになります。

 突然調査にやってきた場合も、(事案にもよりますが)強制的に調査をすることはできませんので、繁忙期で都合が悪いとか、担当者が不在などの理由で日を改めてもらうことはできるでしょう。
治療院の場合は院長が不在ということはあまりないことだと思いますので、予約の患者さんが来るなどの理由で別の日にしてもらう方法もあるでしょう。

 もちろん、その場で調査されて何も問題ない場合は日を改めてもらう必要はありませんが、完璧に法律を守っていると自信をもって言えるところは少ないのではないでしょうか。

 また、慌てて対応すると思わぬ失敗をすることも考えられますので、できることならば日を改めて、資料とともに心の準備もしてから臨んだ方がいいと思います。

 実際に調査を受けるときには、監督署の指示した書類などの資料を用意し、タイムカードや賃金台帳などに記載されていることの説明ができるようにしておくことが重要です。

 また、指示されたもの以外の資料は、こちらから進んで見せないことが重要です。
見せてしまったばっかりに、思わぬ指導を受けることもあります。
そして、一番大切なことは真摯な態度で臨むことです。
監督官も人ですから、心証の善し悪しで結果にも影響します。
反抗的な態度や、いい加減な対応は避けましょう。



hyou1

つづく