労働基準監督署の調査 2|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

労働基準監督署の調査 2

  違反があるとどうなるのか

調査の結果、法律違反があった場合には、是正勧告書(図1)というものを渡されます。

これには、「法律の第○条に違反しているので、いついつまでに改めるように」ということが書いてあります。
労働基準法には罰則がありますので、違反の内容によっては懲役や罰金があります。

しかし、実際に罰則を適用されるのはよほど悪質な場合で、調査で違反が見つかっても、まずは是正勧告をして改めるように指導されます。

是正勧告を受けた部分については、期日までに違反を改めて、是正報告書というものを監督署に提出することになります。
もちろん、是正報告は形だけのものではダメで、きちんと改めたことの証明をつけて提出しますので、きちんとやらなければなりません。

たとえば未払い給与があった場合の是正報告では、証明として振込記録がわかるように通帳のコピーを添付します。

hyou2

  まとめ
治療院も含めて小さな会社では、労働基準法を完全に守っているというケースは少ないと思います。
したがって、調査があった場合には是正勧告を受けることはある程度覚悟しておかないといけないかもしれません。

しかし、事前にきちんと準備をして臨めば、指導事項も少なくてすむかもしれません。
調査の通知が来たときには、あわてずに今回の記事を思い出してください。