論文紹介:慢性疲労症候群と中枢神経系 1|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

論文紹介:慢性疲労症候群と中枢神経系 1

1:はじめに

 慢性疲労症候群(CFS)は「最低6ヶ月間の継続的な日常生活困難を伴う疲労感」として米国防疫センターにより定義付けさ
れている。
その他、CFSの徴候である精神医学的あるいは神経学的異常については、適切な精神医学的、精神学的、神経学的
評価が必要である。

従って、CFSにおける構造的又は機能的異常は頭部MRI, SPECT, PETなどの神経画像評価が使用されている。
さらに、神経学的異常のメカニズムの解明のために、神経栄養因子、神経伝達物質、サイトカインについての研究がお
こなわれている。

本レビュウでは、CFSと中枢神経系との関連及びCFSの神経病理学的畿序に対する現在のアプローチについて検討した。