片頭痛における発作間代謝変化:ボクセル基準FDG-PET研究 3|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

片頭痛における発作間代謝変化:ボクセル基準FDG-PET研究 3

(米)ライフウエストカイロ大学元講師
米国公認カイロドクター
学長 小倉 毅D.C.

PET acquisition and data processing
(PET検査及びデータプロセス)


 PETスキャナーは英国Philips社製Gemini TF3D PET/CTが使用された。
すべての被験者はPET検査前後最低72時間片頭痛発作がないことを条件とした。
すべてのPET検査は早朝に行われ、FDG10~16mciが静注された。FDG注射30~40分後に10分間のスキャンが行われた。

PET検査室は最小聴覚刺激、薄暗い状態で、患者は閉眼状態での撮像が行われた。画像再構成にはlistmode reconstructionが使用され、2 mm³voxel size、128×128 pixel image matrixで90 axial slices (2 mm thickness) の画像を得た。解析にはSPM 2が使用された。

 

つづく