片頭痛における発作間代謝変化:ボクセル基準FDG-PET研究 4|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

片頭痛における発作間代謝変化:ボクセル基準FDG-PET研究 4

(米)ライフウエストカイロ大学元講師
米国公認カイロドクター
学長 小倉 毅D.C.

Statistical parametric mapping analysis
(SPM解析)


 normalize、smoothingされたPETデータはボクセル単位General Linear ModelでSPM解析された。
統計解析前に、個々のデータはプロポーショナルスケーリングによりmean global activityにノーマライズされた。
灰白質thresholdを0.8として平均ボクセル値とともにglobal calculationが行われた。
画像解析は、3人を除くすべての被験者に変側的あるいは左右両側に頭痛を有していたため、lateralizatiion無しで行われた。

 統計解析は2ステップで行われた。始めに、患者群-コントロール群間の部位別糖代謝比較における有意差の2サンプルt検定を行った。
検定は、SPM threshold P<0.001(Z score>3.09)とし、多重比較補正なし、限界threshold>20で行った。
片頭痛関連部位あるいは急性疼痛反応部位においてはsmall volume correction(SVC)が多重比較補正ありで行われた(P<0.05)。

Talairach Daemon softwareにより各ピーククラスターの解剖学的部位を検出した。
次に、20人の患者の部位別糖代謝と罹患期間及び生涯発症頻度との相関解析を行った。
これらの解析はSPM2 “single-subject: covariate only” moduleで行われた。罹患期間と生涯発症頻度はcovariate-of-interestとして性別、年齢とともに処理された。

SPM thresholdはボクセルレベル補正なしP<0.001で、限界thresholdをP>20とした。変化があると思われる解剖学的部位にはSVCが適用された(P<0.05多重比較補正あり)。


つづく