論文紹介:慢性疲労症候群中枢神経系 4|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

論文紹介:慢性疲労症候群中枢神経系 4

4.脳容量減少

 CFS患者と健常コントロール群との比較において、脳ブリュームの有意差が報告されている。
この異常は、臨床MRI検査において白質のみならず灰白質にも発生している。

Natelsonらの報告によると、52人のCFS患者MRIにおいて白質に増大したT2シグナルがみられ、脳室及び溝に肥大がみられた。
しかし、de Langeらの研究では、28人のCFS患者において顕著な灰白質全体にボリュームの減少が報告された。
OkadaらはCFS患者の両側前頭前野に灰白質ボリューム減少がみられたという類似した結果を示した。

 興味深いことにCFS患者と健常被験者とのMRI比較では海馬に有意差はみられなかったが、proton magnetic resonance s p e c t r o s c o p y では、一般的神経学的集積であるN -acetylaspartateの集積に顕著な減少がみられた。