論文紹介:慢性疲労症候群中枢神経系 7|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

論文紹介:慢性疲労症候群中枢神経系 7

7.脳由来神経栄養因子

 脳由来神経栄養因子(BDNF)は、1982年、ドイツの神経科学者により初めて豚の脳から精製され、現在では、海馬や大脳皮質、前脳底部など広範囲の中枢神経系から発見されている。
最近、我々はCFSネズミ実験において海馬のBDNF mRNAが減少しているということを発見し、BDNFはCFS発症において重要な要因であると仮定した。

 BDNFレベル低下、特に海馬における低下は、しばしばCFSの主な症状と関連する。例えば、運動障害はCFSの主な症状の一つであるが、運動は脳機能の促進に中心的役割を果たしている。
ヒトでは、短時間の運動後直ちに血清BDNF生成が拡散する。ラットなど齧歯動物では、ホイールランニングにより海馬のBDNF因子とプロテインレベルに上昇がみられた。
 
欝や不安感などCFSの他の症状においても海馬BDNF mRNA減少が考えられる。
認知機能障害もBDNFレベルに影響することがラット実験及び細胞実験により報告されている。
睡眠無しのラットからも海馬BDNF低下が報告されている。従って、CFSの主な症状は海馬におけるBDNF mRNA分泌を減少させる可能性が考えられる。
海馬BDNFとCFSとの関連、少なくともおもな症状との関連について更なる集中的な研究が望まれる。