外 側 膝 痛 ~近位脛腓関節サブラクセーション~|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

外 側 膝 痛 ~近位脛腓関節サブラクセーション~

3.近位脛腓関節サブラクセーション
 この障害も膝外側に痛みを感じます。
他の障害と異なる点としては、突然の痛みと足根関節の捻挫がこの障害と関連します。
その他、下腿の不安定性と放散痛を下腿外側に感じるでしょう。

原因:
 最初に足根関節と腓骨の動きの関連性について説明します。
足根関節の背屈と底屈動作に影響され、腓骨は動きます。
足根関節の底屈動作は腓骨を下方と内方に回旋します。
反対動作の背屈は腓骨を上方と外方に回旋させます。
これらの関連した動作は例えば突然足根関節が力強く底屈した時、腓骨は下方位した状態で固定され、腓骨筋群の筋力は抑制されます。

または、レッグ・カールでハムストリングスの短縮緊張が腓骨頭を後方に引っ張り変位することもあります。
腓骨頭の変位は腓骨神経を圧迫し、下腿外方に放散痛をまねきます。

評価:
腓骨頭の動きをモーションパルペーションで確認します。
脛骨の正常な位置も確認します。脛骨の内旋位または、外旋位によって腓骨も変位するので必ず脛骨と腓骨の位置を確認します。
足根関節の正常な位置と動きをパルペーションで検査します。

関節の位置と動き以外に痛みの個所も確認します。

治療:
腓骨のサブラクセーションをアジャスト足根骨のサブラクセーションをアジャスト足根関節の不安定性
:初期はテーピング
:後期は筋力を回復させ、反応と反射の回復に努めます。

腓骨そのものは治りが早いが、足根関節の安定性には時間がかかるため、選手にはリハビリの有効性を納得させ、根気強く続けさせることが大事です。

 今回の内容はアスリートに限らず、健康維持のために運動をしている人にも多くみられます。
カイロプラクティックはこれらの状態に非常に有効です。
今回の内容が治療に活かしていただければ幸いです。

photo10