「北海道元気まつり」 No.1|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

「北海道元気まつり」 No.1

~心と身体のワンダーランド~ 2012

「北海道元気まつり」

参加報告

2012年10月27・28日

札幌アスペンホテルにて


 去る10月27. 28日、 JCDCのホリスティック海外研修 担当の立場で「北海道元気まつり」に参加した。

 まず、開幕から驚愕してしまった。それは各種代替療法の一体化だ。ただ会場に集まって居るのではなく、皆が繋がっていて、これから学園祭でも始まるかの様な一体感である。まさしくテーマに
因んだ、~心と身体のワンダーランド~に相応しい空気だ。

 そもそも個立した縦社会の強いイメージが蔓延する日本国に於いて、ここまで代替医療の横繋がりを実現した JCDC北海道校 学院長 川人誠司先生に敬意を払いたい。

photo1

 我々は生業として日々カイロプラクティックの施術を行っているが、実はこれも歴とした代替医療の一つである。

 そしてこの会場、全ての皆が互いを尊重し受け入れ一つの社会が出来上がっている。主催者、ホテル、セラピスト達、そして客人達だ。

 内容はこうだ、ホテルの大広間に各種セラピー14のブースを設け、参加者は3,500円(当日4,500円)の料金を払い3種のセラピーを受けることが出来る。

別室では医師を始め料理研究家や健康管理士など6人の講演を受講でき、体験スタジオではピラティス、ヨガ、体操、ストレッチ、リラクゼーション音楽を受ける事ができる。

またホテル側が提供する食事もビッフェスタイルで終日自由に摂ることができ、アルコール(別途費用)も嗜めるほどだ。

 会場は開幕から一時間程で参加者でいっぱいに
なった。

 早速、私も講演を聴きに(メイプルの間)に入る、講演者は実行委員長、川人誠司先生の「死ぬまで歩こう!」

 聴講者が座りきれず、後ろの方では立ち見で聴かれる方も居るなか、講演は始まった。聴講者の年齢層は50~60歳代が多いように思えた。

 後に述べさせて戴いている代替医療の話しから切り出し、自然治癒力の活性に代替医療が不可欠であると展開し、代表的な疾患の種類を画像を使いながら解りやすく丁寧に説明され、その起因に
ついてヒートアップしていく。
起因、そこがポイントで、なぜそうなったか?予防はできなかったの
か?


つづく