新型インフルエンザ対策 2|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

新型インフルエンザ対策 2

  就業できるかどうかの判断

 次に、新型インフルエンザに感染した、あるいはその疑いがある従業員の就労の可否について、どのように判断するべきでしょうか。

 新型インフルエンザに感染してことが確実な場合は、伝染病予防法により就業することが禁止されます。
従って、医師の診断結果などから感染が明らかな従業員については就業を禁止して、その間の賃金についても支払義務はありません。

 問題となるのは、「発熱はあるが、新型かどうかわからない」「家族が感染したが、自分も感染しているかもしれない」というような場合です。
このような場合は、まだ「感染者」ではありませんから、先の感染者のように「法律で決まっているから休みなさい」とは、言えません。
本人が、就業が無理だと判断すれば、それは自主欠勤となります。
自主欠勤ならば当然賃金の支払いは必要ありません。

 あと残るは、会社(治療院)が判断して休ませる場合です。
この場合は、治療院独自の基準を決めて、その基準に照らして休ませるかどうか決めてかまいません。
最初にも述べたように、人と人との接触が避けられない仕事ですから、従業員はもちろん、患者さんの健康にも配慮すれば、当然感染の疑いがある人には休んでいただくことが必要だと思います。

 しかし、ここで一つ問題があります。会社が命じて休ませた場合にも、賃金は支払わなくていいのか?ということです。


つづく