インターン・ 実習生等 受け入れの注意点 2|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

インターン・ 実習生等 受け入れの注意点 2

   労働者とは?

 はじめに労働者の定義について確認しておきましょう。

 労働者とは、大きく分けて次の3つに該当する場合と言えます。

1. 働く時間の拘束を受ける人
2. 事業主の指示や命令に従って業務を行う人
3. 賃金をもらっている人 

 一般的なサラリーマンを考えてみましょう。サラリーマンは始業時刻と終業時刻が決められています。
最近はフレックスタイムの会社も多いですが、たいていは朝9時とか出勤時間が決められています。
そして、終業時刻までは仕事をしないといけません。

このように勤務時間が決められていることは、労働者としての一つの条件です。そして、就業時間内は、必ず会社や上司の方針に従って仕事をすることが原則です。
もちろん部分的には各自の裁量が認められている部分もありますが、会社の方針に逆らってまで自由気ままに仕事をすることはできませんし、違反があれば懲戒されることもあります。

最後に、賃金をもらっているというところもポイントです。月給や時給などで、労働と引き替えに決まった賃金をもらっているような場合は、労働者と言えるでしょう。
 「労働者では無い」と判断されるためには、このような労働者性が有るのか無いのかということを、個別に見ていくしかないのです。


つづく