インターン・ 実習生等 受け入れの注意点 5|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

インターン・ 実習生等 受け入れの注意点 5

  実習生に報酬を払うべきか

 実習生等に報酬を支払ってもいいのでしょうか。

結論から言えば、実習生には金銭報酬を支払うべきではありません。
上でも述べたように、実習生の目的は技術の習得ですから、手にした技術が報酬であり、金銭報酬は必要ないでしょう。
また、なにかしら支払ってしまうと、賃金と勘違いされたり、中には本当に給与として支給しているようなケースもあります。

これでは、「賃金が支払われているから、労働者ではないか?」いわれても仕方がありません。
どうしても金銭を渡す必要がある場合は、食事代や交通費の補助など、名目をはっきりさせて、金額もそれに応じた適正なものにとどめておきましょう。

 

つづく