自然と生理的環境 >> 最近の医療の動向を考えて 2|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

自然と生理的環境 >> 最近の医療の動向を考えて 2

鶴ヶ島 カイロプラクティックセンター
院長 船戸 孝俊B.S.C.

 リーマンショックの頃からか、来院患者の動きや質が変わってきたように思います。
強烈な不景気のため、いままで肩こりや日常的な疲労などで気軽に来院していた患者さんが、かなり減った気がします。
我々が扱う症例は、緊急に命を脅かす症例ではないこともあり、痛みなどを我慢できる範囲であればギリギリまで我慢してしまうのでしょう。


その結果症状がかなり進んで来院することが多くなったように思いますし、改善方向に向かうまでに時間と手間がかかるようになりました。

 しかし施術報酬が自費なこともあり患者さんは安易に早期改善を求め、しかもけして安くない料金を払うのだからと期待値が非常に大きくなります。
患者さんからの「私のこの痛みは治るの、治らないの」と責められるように聞かれると、つい「治りますよ」などと言ってしまいそうになります。

この“治ります”という言葉一つも、カイロプラクティック自主規制の中の禁忌事項の一つです。
言葉だけではなく、結果を焦るために施術そのものが、正確性を欠いたり事故を起こしたりもします。

施術者が落ち着いて対応しているか、知識、技術の足りなさから焦りを感じているのかは、どんなに言葉巧みに誤魔化しても患者さんにはしっかりと伝わるものです。


つづく