自然と生理的環境 >> 重力と無重力 3|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

自然と生理的環境 >> 重力と無重力 3

 重力下で十分な刺激を受けながら活動することで、筋肉はどんどん成長していきます。
この時に活躍するのが、タンパク質同化作用を持つ性ホルモンのテストステロンや成長ホルモンです。
特に成長ホルモンは、眠りに入った数時間後に脳下垂体から大量に分泌され、また身体を動かした後にも分泌量が増えます。

運動を行っている最中にはほとんど分泌されませんが、終えた後に血液中に放出されます。
筋力トレーニングはもちろんのこと基本的運動要素である歩行ぐらいの負荷でも、筋肉量を増やす働きがあるのです。
つまり、規則正しい睡眠と運動は、筋肉の発達には欠かせないということがわかります。

 宇宙の無重力空間では十分な筋肉に対する刺激が入らず宇宙酔いもあいまって、この作用が低下します。
成長ホルモンやテストステロンなどの分泌が衰えると、コルチゾールのような、コラーゲンを壊すタンパク質異化作用をもつホルモンが活発に働き始めます。
筋肉を破壊する作用を強めてしまうのです。
地上でもこの様なことが起きていることが十分に考えられます。
日常生活のなかで自分自身の身体を知らず知らずのうちに壊していないでしょうか。

 筋肉の成長は20代がピークですが、その後の総筋肉量を左右する要因は2つあります。
20代までに蓄えた筋肉量と、その後の筋肉損失率です。
ピークを迎えた後、筋肉は年間に約0.5~1%ずつ失われていき、これは宇宙空間では一週間の損出率に相当します。

 生理現象として、皆、加齢からタンパク質を失う量は増えますが、身体を長期に動かさないことからくる骨粗鬆症、そしてストレスからくる鬱病なども、同じような筋肉の減少という現象がみられます。

 私たちが暮らす社会を見回してみるとコンピューターの発達にともない、人間の処理能力を超えるほどの情報化の波が押し寄せ、その裏側では人どおしの繋がりが希薄になりました。
モータリゼーションの発達は行動範囲を飛躍的に拡大させましたが、ストレスを抱え込んでも身体を動かして発散する場を狭めました。
便利になった社会はその反面、私たちから奪ったものも多いように思います。

 筋肉という視点から考えてみても、ヒトはもっと自分の足元を見つめなおす必要があるように思えてならない今日この頃です。