骨盤部機能解剖|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

骨盤部機能解剖

photo2


 脊椎と連なる仙骨は両寛骨との組み合わせにより、輪形の骨盤が形成される。骨盤は内臓の保持と保護を担い、大腿部の筋の起始ともなる。
骨盤は座位では体重を支え、立位では体重を下肢に伝えている。
アーチ状の構造は体重支持と体重伝達において重要な働きとなる。

 大きな寛骨は最初のうちは、寛骨を構成する3つの部分(腸骨・坐骨・恥骨)より分割されている。
しかし、後になって寛骨臼においてY字型をした骨端部に融合する。
骨盤の上部にあたる腸骨は皮膚に近いところにあるため、全体を触診可能にする。

腸骨稜はL4-5の高さに一致し、上前腸骨棘(ASIS)は骨指標として容易に触知でき、この部分には鼠径靭帯と縫工筋の起始部となっている。
上後腸骨棘を結んだラインにはS2のレベルにあたり、仙腸関節の中心となる。
これらの骨指標は腰椎の棘突起や肋骨突起(横突起)を正確な識別のため役立つ。

photo3


つづく