膝関節・十字靭帯損傷予防 1|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
テクニックルーム

健康コラム

膝関節・十字靭帯損傷予防 1

膝のスポーツ障害はアスリートにとって致命的となりそして精神的にまで影響することがある。
膝を受傷したアスリートは足部を受傷したアスリートより気持ちを弱くする傾向がある。
ただ単に、足部への関心がないか、それとも足部を軽視しているからだと思う。

臨床の経験から、足部からの問題が膝へと影響する事は多々あり、膝の障害が改善されない一つの理由として足部の疎かな治療が原因だったりする事もある。
 アスリートへの治療は姿勢分析から動作分析へと全体を診つつ、局部へと絞って診て行く事を勧める。

 今回は膝スポーツ障害の診方ではなく、後に膝障害をまねく恐れがある状態の評価とカイロプラクターによる治療法の話をしたいと思う。

 機能解剖学:膝関節は股関節や足関節に比べて安定性が必要とされる関節である。
 安定性の働きは靭帯や腱構造によるもので、これらの組織が何ら原因によって損傷を起せば不安定性となり、関節機能以外に構造的にも問題が起こる。(事細かな解剖学的部位名や機能はこの場では省きたいと思う。)

 最初に十字靭帯から説明したいと思う。
 十字靭帯には前十字靭帯(ACL)と後十字靭帯(PCL)がある。
 ACLはPCLより細く、よく例えられるがACLは小指位の大きさでPCLは親指位になる。
太いPCLの強度は強く、十字靭帯損傷発生率はACLが多い。


つづく