膝関節・十字靭帯損傷予防 2|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
テクニックルーム

健康コラム

膝関節・十字靭帯損傷予防 2

 スポーツ競技によるACL損傷の原因はジャンプからの着地動作、急な減速、カッティング動作などであり、細かく言えば、膝の外反動作が大きくなると、ACLへの負担量も増す。
ある文献によれば女性アスリートの損傷リスクは4~6倍も高いそうだ。
原因は男性に比べ外反位しやすいからである。

 痛みがなく、競技上のパフォーマンスにも影響のない状態でも、膝関節の外反位または、外反動作は要注意であり、修正する必要がある。
そのままの状態が続けば後に競技パフォーマンスに悪く影響し、ACL損傷リスクが高まる。
カイロプラクターとして、このような状態であれば、以下の手順で検査そして治療を行っていく。

①静的姿勢分析(立位):膝関節外反の有無をみる
②動的姿勢分析:軽くジャンプして着地したとき、着地衝撃の吸収を膝関節の屈曲に伴い膝関節が外反しないか見る。
 正常であれば膝蓋骨は正面に位置する。

※①の検査によって膝関節が外反していなくてもこのテストを行う。

 

つづく