膝関節・十字靭帯損傷予防 3|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合

健康コラム

膝関節・十字靭帯損傷予防 3

③筋力テスト:自重によるバイラテラル・スクワットスクワットの膝関節屈曲位が45°以上90°以内まで曲げる事ができて何回反復できるかを見る。
スクワットによる膝関節の角度が45°以下だとACLへの負担が増す。
筋持久力(大腿四頭筋)が早く枯渇すると膝関節を45°以上では保つことができない。

④足底の配列とランジテスト:足底の3つのアーチ(内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチ)の状態を診る。次にフォワード・ランジをする。正常であれば一歩前に出した膝蓋骨は前方へと向く。
足底の内側縦アーチがドロップした状態(過剰回内足)でランジをすると膝蓋骨は内方に自然移動する。この状態はジャンプ着地時に外反膝となる。

 以上①~④のテストと必要に応じて、ACLの整形外科検査やカイロプラクティック検査を加えてアスリートの状態を診ていく。
 治療はスタティックとモーションパルペーションで判断されたサブラクセーションをアジャストする。
筋への治療も必要であれば必要部位のみに行っていく(過剰のストレッチは不必要である、過剰に行う事によって筋の緊張が減少し、更に関節の安定性を失われたりパフォーマンス低下をひきおこす)。

 足部の過剰回内は足底板(フット・オーソティックス)の着用を勧める。
 筋の弱化、特に四頭筋または、ハムストリングスはストレングス運動により強化し、競技の特異性に合わせアジリティーを高めていくとよい。


つづく