膝関節・十字靭帯損傷予防 4|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
テクニックルーム

健康コラム

膝関節・十字靭帯損傷予防 4

 PCL損傷はACL損傷と違いコンタクトスポーツで発生する事が多い。
主な発生原因は膝関節を屈曲した状態で脛骨近位部を地面(床)に強打して起こる。
ACL損傷と比較するとそれ程強い痛みは感じない。
PCL損傷の予防はACL損傷のように膝のアライメントを見て予測する事はできないが、転倒して膝を前方から強打しないようにする。

 ACLとPCL損傷予防は安定性が必要とする膝関節に対して、股関節と足関節が柔軟性のある動きがないといけない。
股関節の可動制限は膝関節の不安定性を引き起こす原因なる。
足関節の可動域亢進または、制限も膝への不安定性を引き起こす。

 膝関節の十字靭帯損傷予防は膝周囲だけ見るのではなく、足、股関節と共にそれら周囲軟部組織も見る必要がある。

 予防に関して、カイロプラクティック・アジャストメントはそれぞれのサブラクセーションに行うが
それ以外に筋力強化も必要性に応じて治療プランに組み込んで行くとよい。

 予防に筋力強化を組み込む前に、筋力、パワー、筋肥大それとも、筋持久力の何が必要なのか、競技にそって運動プログラムを作成する。
競技特異性を考慮し治療をすると、望んだ結果がもたらされる。
 次回も引き続き膝関節について話をしたいと思う。