高年齢者雇用と 助成金 2|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

高年齢者雇用と 助成金 2

今年度まで助成金があります

 このように、高年齢者の雇用維持を図りたい法律の趣旨にのっとって、定年の引き上げなどを講じた場合に助成金の対象となる可能性があります。
この助成金は、今年度末(平成25年3月31日)までに定年引き上げ等を実施した事業所までが対象となります。

支給対象となるには、図のように65歳以上への定年の引き上げや70歳以上の継続雇用制度の実施が必要になります。
また、対象となる制度を実施しても、一定期間内に解雇などの会社都合の退職者を出していたり、労働保険料を滞納しているなど、欠格事由がある場合は助成金が受けられませんので、注意が必要です。
 
 制度の実施状況は、就業規則等の定めで判断します。

photo1


photo2



 要件に該当するかわからない場合や、就業規則等の定めが無い場合で、実態としては該当するような場合は、一度ご相談下さい。


つづく