胸郭出口症候群|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

胸郭出口症候群

 第1肋骨に付着する前斜角筋の前方を鎖骨下静脈が通過し、前斜角筋と中斜角筋の間を鎖骨下動脈と腕神経叢が通過する。
肩関節を外転・外旋させると鎖骨が後方に引かれ肋鎖間隙が狭くなる。前・中斜角筋間、肋鎖間隙あるいは小胸筋後部で腕神経叢・鎖骨下動が圧迫され生じる諸症状を総称し、胸郭出口症候群と呼ぶ。


■問診ポイント

1.多彩な自覚症状。上肢の冷感、重苦感、頭痛も訴えることもある。

2.日常生活、職業から上肢への負担を確認。

3.上肢を挙上する動作を繰り返す作業で出現多い。
⇒タイピストや理・美容師などに多い。窓拭き作業、つり革につかまる姿勢などで症状の誘発多い。

4.症状は一般的に寛解と憎悪を繰り返す。

5.時には心因性要素関与。
⇒職場環境、心理的加重など。


■症状

 圧迫される組織、出現する症状により、神経性、静脈性、動脈性の3つに分かれる。

神経性

 絞扼性神経障害の一つ。手指、腕のしびれ(尺側に多い)、冷熱感、脱力感、頚・肩甲間・前頚部・胸部などへの痛み。初期は労作時に症状出現、次第に常時自覚。


静脈性
 肋鎖間隙で圧迫されると手、腕はアチノーゼ様になり重苦間を訴える。


動脈性
 斜角筋間・肋鎖間で圧迫されると、上肢の阻血が起こり腕は蒼白、まもなく痛みを自覚。重症の場合は動脈血栓を考慮。


■理学所見

1.視診・体型チェック。
⇒きゃしゃで、首が長く、なで肩の女性に多く特に20歳代に発生が多い。

2.頚椎可動検査。

3.頚椎疾患性を否定するため(確認)の整形外科学テスト(頚椎圧迫検査陰性)。

4.上肢への症状は尺側(T1、2領域)に出現することがほとんどである。

5.胸郭出口圧迫テスト陽性(擬陽性に注意)。

photo4



■画像診断

X-ray: 本症に特徴的所見はないが、頚肋の判別を確認。
MRI: 本症の診断に有用となっていない。
C T: 本症に対する評価は少ない。