自然と生理的環境 >> 歩行と生理 1|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

自然と生理的環境 >> 歩行と生理 1

鶴ヶ島 カイロプラクティックセンター
院長 船戸 孝俊B.S.C.

 昨年は開業して7年目を迎え、実力を問われる時期だと気合を入れたにもかかわらず、年の初めは熱を出し寝込み、何か1年を暗示しているようで、いやな感じのスタートになりました。
結果、自分の健康管理をしっかりしておかないと、良い診療は出来ないことを痛感した1年でした。

 一昨年の後半から歩行をサボりがちになり、身体全体がふわふわしていて、しばらく治まっていた右足の坐骨神経痛が度々出始めました。
左肩の関節炎も調子が悪く左手の感覚が鈍くなることもしばしば出てくる始末です。
1月、2月の患者が少ない時期には、比較的時間が取れるので普段やることのできない勉強をやるのですが、後頸部の張り感と頭痛が日々取れなく、右側の耳鳴りが頻繁になり、眼圧上昇、三叉神経領域がざわざわする感覚と、ぴくぴくする感覚が出てきて思うように手がつかず、さらにストレスが溜まってくると、発作を起こすほどではないが持病の喘息が顔をのぞかせるようになりました。
夜も眠れない日が続き、これではいかんと自分に鞭をうち机に向かいますが、なかなか効率が上がりません。

つづく・・・