自然と生理的環境 >> 歩行と生理 5|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

自然と生理的環境 >> 歩行と生理 5

鶴ヶ島 カイロプラクティックセンター
院長 船戸 孝俊B.S.C.

 歩くことは人の基本であります。赤ちゃんも歩くことで成長していきます。
子供の成長を見ていても、近年では体力不足をよく指摘されます。

あるサッカーのクラブチームのコーチは、最近の子供たちの技術は凄いものを持っている、しかし基礎体力や基本的な身体が(骨格構造)出来ていないから小学生のうちはいいが、中学、高校になる頃には潰れてしまうと話していました。
まさにそのとおりで、Jリーグユースチームのエースストライカーという子が来院したことがあります。

昨年の得点王を取ったらしいのですが、サッカーは出来ても普通に歩くことはできず、ふらふらしています。
座ると背中が丸まっていて、例えが悪いですが、犬が座っているみたいで基本的な骨格が出来ていない。これで良いのかと頭を抱える始末です。

 現代のストレス社会に生きる大人たちも同じような気がします。移動は車、電車、バイクと歩くことはほとんどしませんし、その割に過剰栄養になりすぎて行き着く果てはメタボリックシンドロームです。

 今回は忙しさに追われて自分自身が負のマトリクスにはまっていたことを実感し、人の健康のそもそもとは、生理的に身体を作り上げ、恒常的に維持していくことなのだと深く思い知らされました。
それは人生と一緒でコツコツと確実に自分の足で歩み続けることなのだと強く思う今日この頃です。