慢性腰痛患者の横隔膜機能に関する研究内容 2|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

慢性腰痛患者の横隔膜機能に関する研究内容 2

Material and Methods

Subjects groups

C 1 : 病理的要因を有さない者;コントロール群- n = 1 6 ,
11women,5men,ID#1-16

C 2 : 腰椎部に構造上病理的異常を有する者; 異常群
-n=17,8women,9men,ID#17-33


photo1


両群とも被験者は呼吸器疾患を有さない者で構成されている。

異常群被験者の腰椎部異常は過去のMR画像により確認された。
本研究では、腰椎部の先天性構造異常及び外傷性欠損を有する者は除外した。

異常群被験者の慢性腰痛は1年以上の罹患期間を条件とした。
各被験者の脊柱病理的異常に関する情報をtable2に示す。
急性疼痛は異常群の条件ではなく、主な条件はtable3で示す脊柱異常である。

 被験者グループ内年齢差をpaired t-testで評価し、その結果、統計学的有意差なし(p=0.08)と確認された。Kolmogorov-Smirnov testにおいても被験者グループ内年齢の標準化が確認された(pc1=0.89,pc2=0.55)。

photo2


Study settings

横隔膜活動を以下の2条件で評価した。
・S1:仰臥位、tidal breathing
・S2:仰臥位、tidal breathing、下肢遠位部への股関節屈曲に対する伸展負荷有り
下肢への負荷はJandaの筋力テストグレード4を適用した。
この負荷時に被験者の疼痛が悪化しないことを確認した。


つづく