"治療院のための"労務管理"はじめの一歩 第8回 助成金を利用するために"|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

"治療院のための"労務管理"はじめの一歩 第8回 助成金を利用するために"

たや社会保険労務士事務所 田谷智広[2012.3.27の続き]

 

 

 

●助成金の紹介
 現在、治療院の特性を考えて受けられる助成金というのは多くありませんが、
最後にいくつか可能性があるものについて、簡単に紹介しておきます。
 
特定求職者雇用開発奨励金
高年齢者(60歳以上65歳未満)
母子家庭の母
障害者等
の就職が特に困難な者を、公共職業安定所等の紹介により雇入れた場合に事業主が支払った賃金の一部を1年(または1年6ヶ月)間助成するものです。
たとえば高齢者の場合、1年で最大90万円の助成金が受けられます。
 
受給資格者創業
 雇用保険の受給資格者自らが創業し、創業後1年以内に雇用保険の適用事業の事業主になった場合に、創業に要した費用の一部を助成するものです。これから開業される方向けです。支給上限額は150万円です。
 
トライアル雇用
 就職が困難な特定の
求職者層(中高年話者〔45歳以上〕
若年者等〔40歳末満〕、母子家庭の母、障害者等)
について、
その適性や業務遂行可能性を見極めるために3ヶ月間トライアルとして雇用する場合、1ヶ月あたリ4万円支給されます。
またトライアル終了後に正社員として継続雇用した場合には、さらに奨励金が受けられる可能性があります。
 
 
 その他、助成金について知リたいことがございましたら、メールでお気軽にお問い合わせください。
 
 
 
たや社会保険労務士事務所    田谷智広
TEL:03-3843-4081 FAX:03-5827-8224
URL:http://www.taya.info  MAIL:support@taya.info
 
終わり