自然と生理的環境≫癌とは何か2|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

自然と生理的環境≫癌とは何か2

鶴ケ島 カイロプラクティックセンター[2012.4.25の続き]
院長 船戸孝俊B.S.C.

 

傷口の修復手順は、DNAの中に「創傷治癒プログラム」として埋め込まれています。

そのプログラムに従って一連のサイトカインを出していくのが、マクロファージの役目なのです。

通常、傷口が出来ると、身体から盛んに救援を求めるサイトカインが放出されます。この物質を感知するとマクロファージなどの免疫細胞が集まり、マクロファージは細胞の成長や移動を促す物質を放出します。こうした物質に刺激を受けて皮膚の細胞が移勤し傷口を修復します。


 傷口からマクロファージを呼び込むためのサイトカインと同じ信号を、癌細胞も出しているとポラード教授は話しています。つまり一見マクロファージの裏切りのような行動は、実のところマクロファージは本来の機能を果たしているにすぎないのです。


 これまでで思うことは、前回出てきたHIF-1遺伝子の働きと同様に、癌化の第一歩は、体内で起きた何か異常な現象からではなく、全く正常な過程と働きから踏み出されているのではないでしょうか。


 正常細胞と癌細胞との境界を明確にすることが出来ないということが、対処の方法をより難しくしています。私は今回の経験と勉強を通して、癌を異物としてとらえるのではなく、癌もその生命を構成する一部分のような気がしています。とすればもっと違う戦い方、付き合い方があるように思えてきました。そんな時に出会った一つの治療法について記したいと思います。

【超高濃度ビタミンC点滴療法】
 聞いたことがある人もいるかもしれません。
 2005.9.20「米国科学アカデミー紀要」にその論文は記載されました。それから米国では、かなりメジャーな療法として扱われるようになりました。しかし実際は30年も前に、米ノーベル賞化学者ライナス・ポーリング博士によって提唱されていたのです。

 


次回に続く