急な痛みを治すバスタオル応急術|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

急な痛みを治すバスタオル応急術

首のネンザにあたる寝違えにしても、首をグルグル回したあげくにグイグイもんだり、ご丁寧に温湿布をして悪化させるなどはその最たる例でしょう。
 
寝違えもギックリ腰も急性の肩や肘の痛みも、最初は冷やすべきものです。そして固定し、安静にするのが急性のケガに対するベストの処置です。
一方、「①冷却②固定③安静」が応急処置の3原則だとわかっても、実際に行ってみると難しい。
 
冷やしつつ患部を固定しながら安静にするという3つの処置を同時に行うことは至難のわざです。
 
次に続く