下肢アライメントと機能障害|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

下肢アライメントと機能障害

 

スポーツカイロプラクティック ライフカイロプラクティックカレッジウエスト卒
広尾カイロプラクティックオフィス院長[2012.9.14の続き]
田中 稔久D.C.
 
股関節内転位は膝関節を外板するだけではなく、内反位になることもあります。
膝関節の内反位は膝関節を伸展させ脛骨を内旋させます。サッカー選手に見受けられる状態です。
 
さて、これら上記に説明した状態が下腿にどのように影響するでしょうか。
 
上記内容に少し触れましたが、膝関節の過伸展は脛骨を内旋させ、腓側に体重がかかり、腓骨筋群を弱化させます。
その結果、距骨が回内位または、回外します。
距骨の回内位は扁平足になり、歩行または歩行中の足底アーチによる衝撃吸収機能が損なわれます。
反対に回外位は楔状骨内側と第一中足基部を上方させ、正常アーチより高く変位します。この状態は足底外側縦アーチが下降し、足根関節の内反捻挫の原因になります。
 
次に続く