自然と生理的環境 重力と無重力|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

自然と生理的環境 重力と無重力

 

鶴ヶ島カイロプラクティックセンター 院長[2012.9.28の続き]
船戸 孝俊B.S.C.
 
筋肉の中でも、骨格筋に注目して考察を進めていきましょう。
 
骨格筋には二種類の筋肉があります。収縮が速い筋肉「白筋」、収縮が遅い筋肉「赤筋」です。
白筋は上腕二頭筋や大腿部の筋肉に多く見られ、陸上競技で言えば短距離走や投擲競技など、爆発的な力を出す競技に主に使われる筋肉です。
赤筋はゆっくりとした動きに対応する筋肉で、脊柱起立筋群やヒラメ筋などがそうで、姿勢を保つために収縮した時間を長時間継続しなければならないので、白筋に比べ疲労しづらく持久力があります(今流行りのコアマッスルなどがそれです)。

持久力に適した赤筋は、直立二足歩行が完成する9歳から10歳頃までに重力に抵抗して成長し、抗重力機能を作り上げます。その後の成長期にどのような運動をしたか、つまりどのような負荷を掛けたかによって、白筋と赤筋のどちらの発達が優位に成長するかが決まってきます。

しかもこれあらはその後の楽天的な長期にわたっての繰り返し受ける神経刺激の型により、筋線維の特性は変えることができることがわかってきました。この性質は、脊髄損傷や筋ジストロフィーの患者さん、スポーツでケガをした人、加齢により筋肉が衰えた人などのリハビリテーションに利用されているそうです。

次に続く