ホリスティック セラピー研修レポート 1|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

ホリスティック セラピー研修レポート 1

レポート : 東京本校27期生 米村 真由美

 5月13日から5月21日までの9日間、北海道校・東京校・名古屋校の在校生、卒業生の17名、引率の山口先生の計18名でアメリカホリスティックセラピーに行きました。

 出発日の13日午後、東京の夜間部以外のどんな人が他に行くのか楽しみに集合しました。
 集合時間10分くらい前に集まり始め、それぞれ個性的な方が多いと思いました。

 約10時間のフライトでロサンゼルス空港に到着した時は13日の朝9時ということで、13日がもう一回はじまりました。
現地の米国療術協会会長の小田島さんとガイドさんが迎えてくださり、初日のロサンゼルスの街の観光が始まりました。

 ベニスビーチからの大西洋を眺め、穏やかな時間が流れました。
次に映画の街HOLLY WOODを訪れました。
映画の街らしく仮装した方々が街を歩いておりアメリカにいることを実感しました。

 その後、明日からの授業に備えてサウザンドオークスにあるホテルにチェックインし、長い一日が終わりました。

 次の日から授業が始まりました。最初の開講式で、講師陣の方々の挨拶に続き、校長先生のBen.D.C.さんからお話を頂き、私たちも一言ずつ自己紹介を行い一緒に参加している仲間のことを少しずつ分かり始めてきました。

 1日目はマッサージの基本になるスウェディッシュマッサージを学びました。ローションを使って行うマッサージで、術者のポジションが「ホースポジション」と「アーサーポジション」の2つありました。
学校のほぐしの授業で習ったのと同じだったのですんなり頭に入りました。

この時の注意事項として、腰を曲げないで丹田に力を入れて自分の体を守ること、疲れないで長く続けられることが大切と言われました。
技法は5種類あり、「押す」「なでる」「もむ」が主でした。
通訳の和智さんが訳してくださっているのを聞きながら実践しました。

 どの技法にも共通していたことは、受け手の人と呼吸を合わせて、リラックスして受け手の人自身が治ろうとしていることを教えること。
そして神経にも知らせることが大切だということを学びました。

 一連の流れが30分間くらいとのことでしたが、ひとつずつ確認しながら行っていたので、1時間から1時間半かかりましたが、やっている側も受けている側もとても気持ちよく移動の疲れが取れました。


つづく