労働保険と 社会保険について 2|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

労働保険と 社会保険について 2

治療院のための“労務管理”はじめの一歩

たや社会保険労務士事務所 田谷 智広


業務中のケガは事業主の責任~労災保険~

従業員が安全に働くことができるように、職場の安全や衛生に注意することは、事業主の義務と定められています。
従って、業務が原因で発生したケガや病気については、治療費や働けない間の賃金等について、事業主が補償しないといけません。

 しかし、いつどのような事故が起きるかわかりませんし、万一事故が起きた場合に、どれだけの補償が必要になるかは、そのときにならないとわかりません。
労災保険は、万一のときに、このような補償を肩代わりしてくれる制度です。
従って、従業員を一人でも雇う場合は、必ず加入しなければならないものです。
 労災保険は、事業場ごとに加入して、そこで働く全ての従業員に適用されるしくみとなっています。