サムライ・トレーナーのベースボール・フィジカル・トレーニング 2|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

サムライ・トレーナーのベースボール・フィジカル・トレーニング 2

 さて、この時期メジャーリーグはオフシーズンに入っています。しかしオフだからといって選手は何もせず家でゴロゴロという訳ではありません。
特に日本のプロ野球のように秋季キャンプというものがないメジャーリーグでは、プレーオフに出場しない限り、9 月30 日前後からオフシーズンということになります。

 オフに入ると一般的には1 ~ 2 週間の完全休養期を置いた後、アクティブレストに入ります。この時期には心肺機能を刺激しながら体を動かし、体全体の血液循環を良くすることにより、シーズン中に溜まった疲労を除去するいわゆるボディー・フラッシュ(体の洗浄)を行います。
ジョギングや自転車こぎ、ハイキング、水泳など様々な手段でボディーフラッシュを行うことができます。

 その後11 月の初期からウエイトトレーニング、コンディショニング、ショルダー・プログラムのフェーズ1に入ります。一般的にこの時期は低負荷、高レップ数のレジスタンス・トレーニングと、コア(体幹)のアクチベーション(活性化)、低負荷のカーディオ(心肺機能の刺激)を中心に行うということになります。 

 このフェーズ1 は約4~6週間続き、その後フェーズ2、フェーズ3 と次第に高負荷、低レップ数のトレーニングへと移行していくと同時によりファンクショナル(機能的)な動きを導入していきます。


つづく