脊椎サブラクセーションと パフォーマンス低下の関係 2|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

脊椎サブラクセーションと パフォーマンス低下の関係 2

治療:
このアスリートに求めているものは、腕が思ったように挙げられず手投げ状態で投げ続けた為肘を故障してしまった、この状態を治して欲しいことである。
先ずはアスリート要望に応えることから始める。
見方の順序を解説しよう。

右腕を挙げやすくするには、挙げた際に胸が張らなければならない。
このアスリートは胸椎にサブラクセーションがあるため胸が張れない。

先ずこの部位にアジャストが必要となる。
ただ、この部位だけアジャストしても、完全な改善にはならない。
投球動作の着地脚の左膝関節が内反してしまう。

改善法は右腸骨のサブラクセーションである。
このサブラクセーションが腰椎左凸に湾曲しつつ、左の特に腰仙部の伸展制限をつくっている。

もし、モーションパルペーションで左仙骨また第5腰椎にサブラクセーションがあれば、それらもアジャストする必要がある。
サブラクセーションが長期に亘って存在しているのであれば、筋群の強化が必要となる。
慢性期でなければ、よい結果が即座に感じられるだろう。

このアスリートの予測されるもう一点は、オーバースローが困難になると、サイドスローぎみになる。
その結果、体幹の回旋(捻れ)が発生する。
体を捻っても肘を壊すだけである。


治療結果:
全て改善され、球威もパフォーマンスも向上した。
 アスリートに限らず脊柱の配列と動きは大切です。
サブラクセーションはパフォーマンス低下の原因だけでなく、アジャストが不可能な状態になってしまい、筋群の弱化がおこってしまいます。

特にアスリートは治療結果を即座に求めようとしますが、そんな簡単に治癒はしません。
健康状態、年齢、疲労度などが治癒の早さに関連します。
適切なアドバイスもスポーツカイロプラクターに求められるでしょう。 

 アスリートの期待に応えられるカイロプラクターになるべきだと、私は思います。

photo10