強直性脊椎炎 |健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

強直性脊椎炎 

強直性脊椎炎


 マリーストリンペル病とも呼ばれる多発性関節炎の一つで、慢性関節リウマチ類似の炎症性疾患であり、脊椎と仙腸関節が侵される進行性の骨強直を特徴とする。

家族内発生が高率に認められ、90%は男性である。10代後半から35歳までに好発するが病因は不明である。


■問診ポイント・症状・理学所見

 仙腸関節より発生多く初発症状は腰痛を訴えることが多い。徐々に腰椎、胸椎、頚椎へと移行する。
脊椎関節、周辺組織を侵し最終的には骨化させ、骨性強直に至る。

胸椎部まで進行すると腰背部の可動制限を、また骨化により肋椎関節を固着させ胸郭拡張制限の原因となり、呼吸時の胸部痛を引き起こすこともある。

特に四肢の関節(肩・股関節等)を侵す場合もある。
検査所見では本症例において、HLA-B27陽性反応例がきわめて高率を示す。
また視診では、顕著な円背姿勢を認める。


■画像診断

X-ray:仙腸関節骨癒合と椎間関節癒合が特徴である。
⇒角ばった椎体と線維輪の骨化が認められている。

■鑑別診断

強直性脊椎骨増殖症(フォレスティール病またはDISH)

 軽度の胸腰痛を訴えることがある。50歳以上の男性に多く発症する。椎体前面に特有な骨の異常増殖を示す。
が、仙腸関節、椎間板腔に変化は認めず、靭帯や腱の付着部に骨化を伴うことが多い。
脊椎以外での骨増殖は股関節に認めることも少なくない。

日本では後縦靭帯骨症を併発する例が多い。後縦靭帯や黄色靭帯が骨化を起こした場合は、脊柱管の狭窄を起こし脊髄症状を呈することもある。
一般的な発症部位はT7~T12の中・下位胸椎位である。時に大規模での骨増殖により、頚椎部が侵されると嚥下が困難になる。軽度の円背姿勢を認めることもある。因果関係は不明だが20%の患者に糖尿病との併発がみられる。


若年性後弯症(ショイエルマン病)

 10歳代前半の思春期に胸椎部に発生する。胸椎の椎体楔状化による円背をもたらす。
病勢は骨格の成長終了とともに終わり、成長が完了すると進行は停止する。
胸椎円背の代償に腰椎の前弯を促進させる。

背部の疲労感を訴えることも。X-Ray所見で椎体の楔状化、および多発性のシューモール結節を認める。
後弯が重度の場合脊髄圧迫症状を引き起こすため、手術が必要となることもある。

photo15