スポーツコンディショニング・セミナー 2|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

スポーツコンディショニング・セミナー 2

第1部

photo2

 複雑な投球モーションは、ローテーターカフ(腱板)や肩関節周りの小さな筋肉のグループが大きくかかわります。これらの筋肉グループは、大きな力を生む主動筋グループを絶妙にコントロールしながら減速するという投球モーションの中の重要な役割を果たしています。


動的な一連の投球モーションのなかでは、肩関節の土台となる肩甲骨の安定性、投球肩の柔軟性と安定性が最も重要な要素となります。
 また、肩関節の関節包や関節周りの靭帯も、円滑な肩の動きを可能にするために柔軟である必要があります。

柔軟性向上エクササイズ(ストレッチング)は、投球プログラムの前後で行うことが理想的です。投球モーションの中で肩関節周りの筋力の理想的なバランスを保つことが、健康な肩を保つために不可欠です。


つづく