下肢アライメントと機能障害 1|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

下肢アライメントと機能障害 1

 今号はスポーツ障害予防についてお話をしますが、スポーツ障害だけでなく全般的に言えることですので、施術者の今後の参考になればと思います。

 人間の骨格は骨格筋によって支えられています。
関節は骨格筋の働きによって可動します。当たり前のことですが、施術する上で大事なことです。
骨格を支えられなくなった筋が一つでもあれば姿勢は歪み、正しく筋は働きません。
筋機能低下は運動神経にも悪影響をもたらします。

では、本題に入ります、以下の内容を参考にしてください。

 静止姿勢による分析は前額面、矢状面、水平面から体の歪みを見て、骨格の配列と筋群の状態を予測します。
姿勢分析は触診の前に行う検査法ですので、予測になります。
確定は触診または、画像による診断になります。

 もし、姿勢分析(前額面)によって骨盤が右方向にシフト(平行移動)していたら、どのような予測になるでしょう。
この状態がもたらす症状、徴候が以下の説明となります。

 右中殿筋弱化は骨盤を右にシフトさせます。
同側股関節内転筋群は短縮し、同側の外側広筋は伸張性緊張します。
膝関節は外反しやすく、もしこの状態で競技すれば右外側方向から膝に外力が加わると内側側副靭帯は損傷するでしょう。
もちろん、内側側副靭帯だけに限らず、十字靭帯や半月板の損傷も伴うでしょう。

 右中殿筋の弱化は右真横にシフトする以外に右斜め前方にシフトすることもあり、この場合は同側の股関節を内旋させ、同側の腸骨はPIサブラクセーションになることが多々あります。
股関節内旋位は股関節外旋筋の筋力を低下または、伸張性緊張させ大腿二頭筋も弱化はまたは、伸張性緊張となります。

もちろん、同側大殿筋も同様の結果となるでしょう。ハムストリングス(大腿二頭筋)の弱化は膝関節を伸展させ、反張膝になることも考えられます。
股関節の内旋位は大腿筋膜張筋を短縮緊張させ腸脛靭帯の損傷、ランナーズニーになることもマラソンする方に見られます。

 股関節内転位は膝関節を外反するだけでなく内反位になることもあります。
膝関節の内反位は膝関節を伸展させ脛骨を内旋させます。
サッカー選手に見受けられる状態です。


つづく