店舗運営における インターネット活用とそのポイント 3|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

店舗運営における インターネット活用とそのポイント 3

 マーケティングの分野でも、商品やサービスに対して「欲しい」と意思表示をしている人を如何にリアルタイムに把握するか、が重要になってきているように、今まさに「欲しい」と感じている人に、いつでも、どこでも、手軽に予約ができるようにすることは、これからの時代当たり前になっていくと感じますし、そういうことができないホームページ(すなわち店舗)には、人が見に来たとしても、すぐ他に移ってしまうことになるでしょう。

 利用者にとっては、非常に便利に活用されているオンライン予約ですが、一方で店舗にとっても、非常に有用な結果をもたらします。

 前述したように、インターネットの利用が分散している状況の中で、一般の人たちが活動している時間帯にお店で予約が取れないということが起きます。

 そもそも店舗の営業時間前や、利用者が電話できる状況でない。
などがその理由ですが、オンライン予約では、店舗側の人手を介さず、予約を受け付けることができるため、まさに勝手
に予約が入る状態を実現することができます。

 最近では、オンライン予約自体の認知も上がってきており、多いところでは、予約全体の40%がオンライン予約となり、売上で約70万円が営業時間以外の時間帯によるオンライン予約でたらされている状況です。

 まさに、お店の営業前に予約表を開いたら「予約がいっぱい入ってる」ということが現実に起きており、これは、店舗の経営にとっても有効な安定材料になると思います。


photo2


 以上、簡単ではございますが、オンライン予約が可能にする利用者と店舗様の利点についてご案内させていただきました。
 当社の製品以外にも様々なオンライン予約サービスがございますが、この機会にぜひご検討されてはいかがでしょうか。