自然と生理的環境 >> 体育とスポーツ 1|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

自然と生理的環境 >> 体育とスポーツ 1

 今回は、スポーツ選手の体調管理の難しさについて症例から実感したことを考えてみたいと思います。
私の母校、東洋大学陸上部の駅伝部の選手からの相談です。

20歳男子10月20日来院

○長距離を始めて6年目、毎日の練習は、午前にトラックを14km程度、午後にロードを12km程度の走り込みをしている。

○6か月前から特にトラックを走っている時に、左右の足の違和感。右の股関節のつまり感、左の股関節の緩む感じがある。

○本人としては少々オーバーワーク気味かと感じている。練習後には左股関節の緩み感が残り、下腹部周りに重だるい感じになる。

○1年前に階段から落下して、尻もち外傷の既往あり。その少し後から慢性の下痢を起こすようになった。
 
 尻もち外傷を起こす前は、身体に違和感を感じることはなかったそうです。
どうもこのあたりがバランスを崩すきっかけになっているような気がしました。
外から受ける応力が内部にどのように影響するかを考えてみましょう。

 

つづく