スポーツカイロプラクティック 3|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

スポーツカイロプラクティック 3

ライフカイロプラクティックカレッジウェスト卒
広尾カイロプラクティックオフィス
院長 田中 稔久 D.C.,C.S.C.S.

下腿に関するスポーツ障害、シン・スプリントについて
原因、検査、評価、治療法


検査/評価:
 ・痛みは脛骨真ん中から下1/3周辺に表れる。
 ・前部シン・スプリントは痛み以外に脛骨内側から外側に張りも感じる。
 ・後部シン・スプリントは脛骨の後内側から内側または下部脛骨に痛みや張りを感じる。

 これらの症状は影響する筋をストレッチや収縮させると痛みまたは張り感が増す。症状の表れ方はいくつかあり、運動数分後に表れる事もあれば、運動開始直後もある。
または、運動開始から徐々に感じる事もある。痛みは疼痛と張り以外にズキズキ痛む事もある。この痛みは放散痛ではない。

 足の過剰回内の有無、そして非加重の状態で過剰に足関節が底屈していない事も確認する。触診によって、脛骨内側、前外側、後内側に筋の過剰な張りを感じる。前脛骨筋と下腿三頭筋の緊張も感じられる。

 靴の状態も検査内容に含まれる。特に靴底が磨り減ったりして着地時の吸収力損なわれる事ある。身体以外に使う道具の検査も必要不可欠である。過剰な運動によって脛骨のストレス骨折をおこす事があるが、ストレス骨折の症状はシン・スプリントより局部で感じる。

X線の検査を加え骨折の有無を確認し、シン・スプリントであれば骨折はフィルム上で確認できない。骨折を除外するためにX線検査は必要となる。もし、シン・スプリントの治療を行い結果が良好でない場合は、X線検査で確認してもよい。


つづく